今回は文章を書くときに多くの人がよく使用するワードについての記事をお届けしたいと思います。

ワードにはただ文章を書くだけではなく、執筆が楽になる機能が多く備え付けられておりとても重宝します。

今回はそのワードについて、知っておきたい小技をお届けしたいと思います。

w1
まずワードを立ち上げるといつもは横書きの画面が出てきてそこで文章を打ち込むのが普通ですよね。

これはメモ書きでもワードを仕事としない学生さんのレポート制作などでも使う一般的な機能です。

例えばこの打ち込んでいる文章を魅力的なものにして、ちょっとしたポスターや張り紙を作りたいというときに使いたいのは「縦書き機能」です。

縦書きにすると、ちょっと1文書いただけの文章でも魅力的に見える上に、普通の横書きの文章に比べるとインパクトがあるのでそれこそポスターや張り紙に向いています。

さらにやり方はとても簡単です。ワードの上部分によく使用する「新規作成」などが並ぶアイコンから「文字方向」を選ぶだけです。

Screen Shot 2016-05-19 at 13.41.27

私は実際にこの機能を利用して、イラストレーターなど高価なソフトを使用することなくワードだけで文字のポスターを作りました。





作成したのはトイレに関する張り紙だったのですが、思った以上に簡単でさらにトイレの隙間にちょうどぴったり合うようなデザインで印刷することができてとても重宝しています。

このおかげでとても綺麗に過ごせて快適な生活を享受できています。

またワードを使用するとき、他の文章を書くソフトより重宝している機能があります。

それは「文書校正」機能です。

Screen Shot 2016-05-19 at 13.41.44





文章を書くだけならスマートフォンのメモ帳だけで簡単に文章を書くことができますが、文章のチェックまではできません。

しかしながらワードならば簡単に誤字や脱字などをチェックすることができます。

文章校正という機能をクリックするだけで、ちょっと怪しいスペルや文字などを自動でピックアップしてくれます。

もちろん機械的に誤字脱字を判断するだけでなく、きちんと目で見て本当に誤字や脱字なのかを確認できるので安心です。

そして簡単に文章全体を隅々までチェックできるので、文章のクオリティも高くなります。

私自身文章を書くときは、他のアプリやソフトで書いても最後は必ずワードでチェックして誤字や脱字を直すようにします。

このおかげで重要な文章でもいつでも安心です。

今回はワードに関する記事をお届けしました。

誰もがよく使うソフトなのに、意外と使われていない機能があります。

ぜひとも身近な機能を役に立てるようにしてみてください。

→Word(ワード)の公式サイトでのダウンロードはこちら

Pocket

商品詳細

laptop-33521_1280