EBP07-21395A

昌徳宮(チャンドック)は、韓国のソウル特別市にある古宮です。

 

韓国ドラマが好きな方であれば、一度は耳にしたことがある古宮でしょう。

 

私の母も韓国ドラマが大好きで、地理なんてあまり知らないのにも関わらず、韓国の昌徳宮に関しては行きたい!と言っていました(笑)

 

今回はこの昌徳宮についてご紹介したいと思います。

 

昌徳宮は建設から600年以上の歴史を持つ古宮!

昌徳宮は1405年、朝鮮王朝時代の第3代目国王である太宗によって、景福宮(キョンボックン)の離宮として建てられた宮殿です。

 

1592年の文禄・慶長の役で全焼してしまいますが、1615年に再建される事になります。

 

379458_x

 

景福宮の再建が進まなかった事もあって、約270年もの長い間、王の住まいや政務の場として利用されてきたのです。

 

昌徳宮は、韓国に残る宮殿の中でも保存状態が良く、本来の姿が残されている事で有名です。

 

また、自然の景観を生かして建物が配置されており、とても美しい庭園を持つ宮殿でもあります。





 

 

1997年にはユネスコ世界文化遺産に登録されています。

 

広大な敷地の中には沢山のみどころがあり、多くの観光客が訪れているんですよ。

 

昌徳宮は日本語ガイドによる解説もある!

昌徳宮は一般観覧と秘苑観覧の2つのエリアに分かれており、一般観覧エリアは自由に見る事が可能となっています。

 

ゆっくりと歴史を感じることができますよ。

 

昌徳宮03





 

また嬉しいことに、昌徳宮では日本語ガイドによる解説も用意されているので、詳しく知りたい方は利用してみると良いでしょう。

 

ガイドを利用する場合には時間が決まっているので、事前に確認が必要です。

 

 

また先ほど一般観覧エリアと2つに分かれているという話をしましたが、秘苑観覧エリアの場合は、ガイド解説つきツアーのみ観覧が可能となっています。

 

なので、昌徳宮の全てを見たい!と思った方はガイドを依頼すると良いでしょう。

 

 

一般観覧エリアのみどころですが、昌徳宮の正門として作られた敦化門(トンファムン)があります。

 

これは1412年に建てられて、1609年に再建された韓国で最古の門となっています。

 

他にも、

 

  • 昌徳宮の正殿である仁政殿(インジョンジョン)

 

  • 王が日常的な政務を行っていた宣政殿(ソンジョンジョン)

 

  • 王の寝殿である煕政堂(ヒジョンダン)

 

  • 皇太子が学者と儒教の勉強をした誠正閣(ソンジョンガク)

 

など沢山の建物があります。

 

一般観覧エリアだけでも十分楽しめるようになっていますよ。

 

まとめ

昌徳宮についてのご紹介でした。

 

最寄り駅は地下鉄3号線安国駅3番出口から徒歩5分と、アクセスの良い場所にありますので訪れやすい場所です。

 

韓国に行った際にはぜひ訪れてみてくださいね!

 

昌徳宮についてのもっと詳しい情報は、こちらから

Pocket

商品詳細