af

今ではスマホやパソコンに標準装備されているBluetooth。

 

目にはするけれど使ったことがないという人も多いのではないでしょうか。

 

「そもそもBluetoothって何?」という方のために簡単に説明しますと、デジタル機器の間で音声や文字情報などのデータのやりとりを行う無線規格のことなんです。

 

通信可能な距離は、機器や環境にも左右されますが、およそ数m~数十mの範囲内です。

 

 

Bluetoothを使用したワイヤレス機器は色々あります。

 

パソコン周辺ですとマウス、ヘッドセット、スマホ周辺ならいわゆる「自撮り棒」にもBluetooth対応のものがあります。

 

 

今回、私がおすすめしたいのは、Bluetoothを利用して家や車の中で音楽をもっと自由に楽しめる活用法です。

 

みなさんは、普段音楽を聴くのにどんな機器をお使いでしょうか。

スマホに取り込んだ音楽をイヤホンで聴いているという方が多いかもしれませんね。

 

外出先でならそれでもいいのですが、リビングでくつろいでいる時はイヤホンやヘッドホンをしないで、ゆったり音楽を楽しみたいこともあります。





 

そんな時、家のコンポにスマホを直接つなぐこともできますが、そうすると違う曲を聴きたいときなどわざわざコンポにつないだスマホの所まで行かないといけません。

 

Bluetoothを使用すると、スマホは手元においたまま、コンポのスピーカーで音楽を鳴らすことができるんです。

 

「そのためには、新しいBluetooth対応のコンポを買う必要があるんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

もちろん最近のコンポにはあらかじめBluetoothが搭載されたものがたくさん発売されていますし、専用のミニスピーカーもあります。

話題のハイレゾ音源にも対応する上位機種なども出てきていますが、もっと手軽にお持ちのコンポやスピーカーを利用する方法もあるんです。





 

それはBluetoothレシーバーを使うという方法。

 

IMG_20160519_084850

 

これは私がいつも使っているBluetoothレシーバーです。

 

大きさはUSBメモリくらいの、このレシーバーとスマホをBluetoothでペアリングすれば、スマホの音楽をレシーバーにワイヤレスで送ることができます。

 

あとはレシーバーとコンポをライン入力で繋ぐだけ。こうすればコンポの大きなスピーカーで高音質で音楽が聞けるようになるのです。

 

お気に入りの音楽を大きな音で聴きたいとき、私はいつもこれを使っています。

 

 

さらに、Bluetoothには送信専用の機器もあります。

私が家で使っているコンポはハードディスク内蔵のCDコンポで、長年使用しているのでディスク内には1000を超えるアルバムが保存されています。

 

私は主婦なので、家事をするのに家の中をあちこち歩き回るのですが、キッチンにいるとき、2階に上がるとき、普通ならリビングで鳴らしているコンポの音は届かなくなってしまいます。

 

できることなら家中どこにいても途切れることなく音楽を聴きたい。

それで私が購入したのがBluetooth送信機。

 

IMG_20160519_084820

 

これをコンポのヘッドホン端子に接続し、さきほどのBluetoothレシーバーにイヤホンを装着すれば、家事をしながらどこでもコンポの音楽を聴くことができちゃいます。

 

この二つのアイテムのおかげで、私の音楽ライフはさらに快適になりました!

 

 

「でもデジタル機器の設定なんて難しそう…」と思っていませんか?そんなことありません。

 

機器によって若干の違いがありますが、基本的には最初に利用する時に「ペアリング」という手順を踏めば大丈夫。

 

Screenshot_20160519-085423

 

これは私のスマホのBluetoothメニューですが、これまでにペアリングを行った機器がリストになっています。

 

このように一度ペアリングしてしまえば、あとは電源を入れるだけで接続完了です。

 

最近では、apple musicやAWAなど、音楽聴き放題サービスが続々始まっています。

 

これらのサービスを利用している方もBluetoothの利用で音楽の楽しみ方がもっともっと広がりそうですね!

 

Pocket

商品詳細