78698a54e35f1-c952-435c-a405-96f3e9f7f640_l

キュラソー島は、中南米のカリブ海に浮かぶ小さな島です。

 

日本国内の種子島(鹿児島県)と、ほぼ同じほどの大きさなのでかなり小さな島になります。

 

場所はベネズエラの北西にありますが、実はオランダ領です。

 

あまり知らないという人も多いかもしれませんが、観光旅行先としてぴったりなので今回は、キュラソー島についてご紹介しますね!

 

キュラソー島はオランダ風の街並みが綺麗!

キュラソー島は現在、世界的な野球選手の出身地としても話題です。

 

最近では、2017年WBC(ワールド・クラシック・ベースボール)出場のウラディミール・ヴァレンティン外野手が有名です。

 

スクリーンショット-2016-06-10-10_48_38

 

こう聞くと一瞬はキューバのような国を想像しますが、街並みを見るとオランダ風です。

 

1634年よりオランダ領なので、街も文化もオランダの風合いです。

 

そんな島内で特に印象的なのが、オランダ同様の切妻屋根の建物が並ぶ通りです。





 

首都ウィレムスタットでは、街の至るところで見られます。

 

 

切妻屋根の建物が並ぶ通りは、実際に見ると衝撃を受けますよ!

 

カリブ海の青い空と海が眩い中、パステルカラーのヨーロッパ風の建物が並んでいるからです。

 

ウィレムスタットは港町なので、海の近くの場所も多いです。

 

カリブ海の真っ青な水面とパステルカラーの建物は見事なコントラストで、ミスマッチ感もあります。





 

 

このウィレムスタット市内の歴史地区は、なんと世界遺産にも登録されています。

 

たしかに、このインパクトある風景は個性的で後世に残す価値もあるでしょう。

 

日本の世界遺産は茶色やグレーなどの落ち着いた色が多いですが、こんなにカラフルでポップなものも世界遺産になるのでちょっと面白いですよね!

 

末永く変わらずにあってほしい、このミスマッチな風景を後世の人々も眺めてほしいと感じます。

 

キュラソー島ではお酒やグルメ・観光も楽しもう!

キュラソー島で、他にも有名なものがキュラソー酒です。

 

スピリッツやブランデーにオレンジの皮を漬けて熟成したリキュールです。

 

カクテル等にも使用されるので、世界でも有名です。

 

おみやげにも人気で、世界中の観光客が大人買いしています。

 

現地で飲んで美味しいと感じたら、ぜひお土産にも購入してみてくださいね!

 

1287063599

 

また最近は名物のイグアナ料理も話題となっています。

 

肉と魚の中間のような味・食感とのことです。

 

観光客にはコンク貝が人気で、刺身・サラダ・炒め物などのメニューがあります。

 

ここでしか食べる機会もないでしょうから、ぜひとも召し上がってみましょう!

 

 

コンク貝はコンクパールという真珠が採れることでも有名です。

 

コンクパールはサンゴのようなピンク色で、現地ではアクセサリーで人気です。

 

おみやげに買っていく観光客もいます。

 

まとめ

キュラソー島についてのご紹介でした。

 

観光やグルメやお土産など、旅行先に備えておいてほしいポイントをすべて満たしているといってもよい場所だと思います。

 

小さな島ですが、魅力がたくさんありますので、ぜひ訪れてみてくださいね!

 

キュラソー島についてもっと詳しく知りたい!という方は、こちらから

Pocket

商品詳細