031

最近、お口の健康が話題になっています。

 

歯周病にかかっていると、全身の健康状態にもかかわってくると言われています。

 

例えば誤嚥性肺炎と言われる肺炎は、お口の中の細菌によって引き起こされると言われています。

 

自分自身の歯でなんでもよく噛めると認知症のリスクも減ると言われているで、いくつになっても自分の歯で噛めるように、なるべく自分の歯を残していきたいものですね。

 

 

でも自分の歯を残しておくためには、どうすればいいのでしょうか?

 

今回は、虫歯や歯周病対策に有効な歯間ブラシについてお話します。

 

歯がなくなっていく原因って何?

お年寄りの方を見ていると、全ての歯が残っている方って少ないですよね。

 

多くの方が歯の1~2本、あるいは全ての歯を失っていることに気が付くと思います。

 

入れ歯だったり銀歯だったり、さまざまでしょう。

 

beauty_img02





 

このように、歯がなくなる原因として虫歯と歯周病があります。

 

虫歯に関しては想像がつきやすいですよね。

 

でも、歯周病って何?なったことがないんだけど…という方も多いと思います。

 

 

実は年を追うごとに歯周病で歯がなくなる方が多くなり、なんと成人の8割が歯周病にかかっているといわれています。

 

歯周病は歯を支えている骨が溶かされていき、進行すると支えるものがなくなるので歯が抜けてしまうという病気です。





 

一度歯を支えている骨が溶けると、完全に元に戻すことができません。

 

そうなる前の予防がとても大事になってきます。

 

 

虫歯や歯周病の予防で一番大事なのは、毎日の歯ブラシです。

 

虫歯になりやすいところは、奥歯の歯の溝、歯と歯の間、歯と歯茎の境目なので、虫歯を予防するためには、奥歯の歯の溝、歯と歯の間、歯と歯茎の境目に注意して歯磨きをしましょう。

 

歯周病を予防するためには、歯と歯茎の境目の汚れをしっかりとり、歯茎をマッサージするようなイメージで磨いていきましょう。

 

歯ブラシだけでは汚れの6割しか落ちていない!?

しかし、歯ブラシだけでは全体の6割ほどしか汚れを落とせません。

 

特に、歯と歯の間は歯ブラシだけでは汚れを落とせないので、補助器具を使うとよりきれいになります。

 

補助の道具としては、デンタルフロスと言われるいわゆる糸ようじ、歯間ブラシ、ワンタフトブラシがあります。

 

tepe_select-front_01

 

どれを使えばいいのか迷ってしまうかもしれませんが、これは人によって向き不向きがあります。

 

たとえば歯と歯の間があまり空いていない方は、デンタルフロスを使います。

 

ワックスがついているとよくすべるので、歯と歯の間に通しやすくなっています。

 

 

また、歯と歯の間が比較的空いていたり、ブリッジが入っている方は、歯間ブラシを使います。

 

ブリッジのダミーの歯は汚れがたまりやすいので、歯間ブラシを一日に1回は使うことをおすすめします。

 

歯間ブラシの使い方は、歯と歯の間に入れて、歯に沿わせてこすり取る感じで出し入れをします。

 

大きさがいくつかあるので、歯科医院で確認してもらった方がよいでしょう。

 

 

よく歯にはさまると、つまようじを使う方がいらっしゃいますが、歯茎を傷つけてしまうことがあるので歯間ブラシを使ったほうが安全です。

 

ワンタフトは奥歯の後ろなど、ワンポイントで使います。

 

すべての汚れを自分だけで落とすことはできないので、定期的に歯科医院で検診もかねてクリーニングを受けていきましょう。

 

まとめ

歯磨きだけでは汚れの6割しか落ちていないことを知って、ショックを受けた方も多いのではないでしょうか?

 

私も最初にその事実を知ったときは、びっくりしてしまいました。

 

それ以来は歯間ブラシを使っています。

 

一度使ってみると歯の間が綺麗になるのがよくわかって病みつきになってしまいますよ。

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

歯間ブラシの正しい使い方をもっと詳しく知りたい方は、こちらも参考にしてみましょう!

Pocket

商品詳細