hands-walking-stick-elderly-old-person

「認知症」とはよく知られた名前ですね。

 

特に、高齢者の方によく発症する病気、というイメージがあります。

 

そんな認知症には、アルツハイマー型認知症・レビー小体型認知症・脳血管型認知症・前頭側頭型認知症といくつか種類があるのが特徴です。

 

この中でもアルツハイマー型認知症は最も発症率と患者数が多く、その数は認知症患者全体の60%で半数以上にもなるため研究も積極的に行われています。

 

そこで、今回はそのアルツハイマー型認知症について、皆さんに少しご紹介しましょう。

 

万が一の時の為にも、よく知識を得て万全の準備をしておいてくださいね。

 

アルツハイマー型認知症の症状(1)記憶障害 

最も患者数の多いアルツハイマー型認知症の症状では、記憶障害・判断力低下・見当識障害・行動の異常・心理症状などがみられます。

 

記憶障害は代表的な症状で、一時の物忘れとは違うものです。

 

一時の物忘れは、忘れていたことを思い出すことができます。

 

しかし、認知症レベルの記憶障害では忘れた事柄も忘れていたということも思い出すことができません。





 

例えば、約束をしていたのに、約束をしていないと主張し、約束をした事実を全く覚えていないのです。

 

アルツハイマー型認知症の症状(2)判断能力低下

pexels-photo-147433

判断能力低下は、今まで行っていた流れが行えなくなります

 

例えば料理のように順序や味付けを行う作業では、順序を誤ったり味付けの調味料を間違えたりします。





 

掃除では捨てる物が認識できなくなったり、片付け方も分からなくなるとされます。

 

嗅覚も鈍るので、ゴミによる悪臭にも鈍感になります。

 

その為、今までは片付いていたのに部屋が片付いていない状態が長期的に続いたり、料理を作る場合は料理のミスが増えた場合は、認知症を疑って検査してみると良いかもしれません。

 

アルツハイマー型認知症の症状(3)見当識障害

見当識障害というのは、見ているものや空間が認識できなくなる状態です。

 

例えば、


トイレに行きたくてトイレのドアが目の前にあるのにドアが分からず失禁してしまう、


住み慣れた家なのにトイレの場所が分からない、


いつも行くお店へ買い物へ行こうとしたが道が分からなくなる、


時計が読めない、絵の写生が出来たのに出来なくなる、


といった症状があれば、この障害を疑いましょう。

 

アルツハイマー型認知症の症状が進行すると・・・?

アルツハイマー型認知症の症状が進行すると、行動の異常や心理的な症状が表れるようになります。

 

行動面では徘徊・鏡で自分の顔を見て怯える・風呂などの拒否をしたり、鏡で自分を見て自分と認識できず、驚いたりします。

 

また、進行すると家族の顔も分からなくなっていきます。

 

心理症状では、情緒不安定になることがあります。

 

情緒不安定に陥る原因は幻覚や妄想が関係している可能性が高く、認知症になると物を盗られた妄想にとりつかれるケースも珍しくありません。

 

本当は、盗られたのではなく置いた場所を忘れているのです。

 

私は、親戚にアルツハイマー型認知症の症状で、こうした情緒不安定になる姿に遭遇したことがあります。

 

物事の判断が出来なくなっているので、本人も相当苦しいだろうな、とも思ったり・・・。

 

本人も周りも大変なのがアルツハイマー型認知症なのだと知りました。

 

早期発見で症状を遅らせよう!

pexels-photo-339620

認知症は、患った本人は、本人としての自覚も無くなるので、以前とは全く違う人間の様で周囲がツライという声が多いと思います。

 

しかし、アルツハイマーは早期発見することで症状の進行を遅らせることが可能です。

 

少しでも疑わしい言動があったら、念のために検査を受けることをおすすめします。

 

→アルツハイマー病の情報は、ここで集めよう

Pocket

商品詳細