1

レンタルビデオ店でもありながら、ゲームソフトなども取り扱っている総合アミューズメントショップといってもよい存在がゲオになります。

同じようにレンタルビデオ業界でしのぎを削っているライバルとしてはツタヤが存在します。

 

ただ、全体的にみるとツタヤと比較したときにはゲオの方がレンタル料金が安い傾向があります。

少なくとも僕がすんでいる地域ではゲオの方がレンタル料金が安いので、好んで使っています。

 

2

 

僕は映画やドラマが大好きなのでビデオレンタルを行っているゲオに関してはかなり頻繁に使っています。

ゲオに関しては以前は店舗に行ってCD・DVDなどをレンタルする目的で使っていました。

しかし、最近はもっぱらGEO宅配レンタルを使っています。

 

僕がGEO宅配レンタルを好んで使っているのは何といっても「自動くりこしサービス」というものが存在しているためです。

 

僕は仕事の量が繁忙期と閑散期でまったく違うため、繁忙期であれば1か月に1本のDVDも見ることが出来ない場合もあれば、閑散期であれば毎日DVDを見ることを楽しみに帰宅することもあります。





 

こんな時毎月定額制の宅配レンタルサービスだとまったく繁忙期には全くもとを取れないということになってしまいます。

 

しかし、このGEO宅配レンタルであれば、繁忙期で使い切れなかった分は翌月に自動で繰り越しを行ってくれるので気に入っています。

 

3

 

また、ゲオの宅配レンタルサービスでは延滞料金が発生しないというのも魅力です。

 

昔はせっかくビデオやDVDをたくさん借りても期限内に返しにいくことが出来ず、それこそびっくりするような延滞料金を取られたという経験もあります。





 

このような延滞料金を取られないというのはゲオの宅配レンタルサービスで非常にうれしいポイントです。

また、ゲオの宅配レンタルサービスについてはツタヤやDMMの宅配レンタルサービスと比較して、旧作のレンタル料金が非常に安いです。

 

僕はひと昔前に流行ったドラマを連続で借りることが多く、そのため一番ゲオ宅配レンタルサービスを使うのが料金的にメリットがあると判断しています。

 

また、本当に気に入っている作品に関しては一気に全部のDVDを借りたい時があるのですが、ツタヤやDMMでは上限の2本までしか借りることができません。

 

しかし、自分が住んでいる関東地方ではゲオがまとめ借りサービスというのをやっているので、人気のドラマやアニメをまとめて借りて楽しんでいます。

 

→ゲオのオンラインレンタル公式サイトはこちら

Pocket

商品詳細