dime-1205906_1280


東日本銀行は東京都の中央区に本社を置く銀行ですが、古くは茨城県の銀行から始まったといわれています。

 

そんな東日本銀行で注目したいのが、「Freeローン」というローンです。

「Freeローン」って、どんなローン?


現在東日本銀行ではいくつかのローンが用意されていますが、その中でよく利用されているのがFreeローンになります。

 

Freeローンの特徴は、借り入れ制限がそれほどないというところです。

 

もちろん消費者金融などに比べると審査はやや厳しくなりますが、金融機関の割には敷居が高くない点が特徴と言えるでしょう。これは東日本銀行が広く貸し付けを行うことを目的としているからです。

 

実際、私も東日本銀行のFreeローンでとっても助けられました。

 


というのも、収入が不安定と思われがちな、派遣社員でもお金を借りることが出来たからです!

 

他行で断られても、東日本銀行では丁寧に対応してもらえて、本当に恩を感じています。

 

Freeローンで借り入れをする条件とは?

money-1005479_1280


ではFreeローンを借りる場合にはどのような条件が必要でしょうか。





 

一つは20歳以上で75歳未満であることが必要です。

 

このように年齢制限があるのは、少なくとも20歳未満であれば未成年になりますのでお金の貸し出しは適当でないと判断したことによります。

 

一方で75歳以上はほぼ年金生活になりますので、返済能力がない場合も十分考えられるからです。

 

次の条件は銀行の営業所のエリア内に住んでいることが重要で、エリア内に住んでいる人でなければ借り入れをすることはできません。

 

例えば知り合いが東日本銀行のFreeローンを勧めてきたとしても、自分がそのエリアにすんでいなければそもそも貸し出しをしてくれないんです!





 

次に、定期収入があることが必要になります。

 

定期収入とは、会社員である必要はありませんので派遣社員やフリーターは、パートでも問題ありません。

 

とにかく定期収入があれば借り入れすることができるのです。

 

さらに、Freeローンは無担保になりますので、定期収入を提示して東日本銀行の保証が受けられることが重要になります。

Freeローンの融資金額と利率についても知ろう

money-661584_1280

このFreeローンの使い道については特に制限はなく、自由なのがとっても嬉しいです!


融資金額は10万円から1000万円になります。

 

もちろんだれでも最高額を借り入れるわけではありません。

 

借り入れができる金額については、その人の年収によると言って間違いないと思います。

 

例えば、年収が高ければ当然高い金額の借り入れをすることが可能になります。

 

裏を返せば、年収が低ければ最低金額しか借り入れすることができない可能性もあるということです。

 

少なくとも、自分の年収以上の金額を借りることはできないと考えておいて間違いないでしょう。


融資をした時の利率については最低で3.5パーセント、最高で14.5パーセントになります。

 

借入額が大きい方が利率が低く、借入額が小さい方が利率が高いのを覚えておいてくださいね。

 

Freeローンを賢く利用して、本当に必要なものを手に入れよう!

 

東日本銀行のFreeローンは、賢く利用すれば、きっとあなたの助けになりますよ!

 

是非皆さんも、どうしても必要なもののためにFreeローンを活用してみては如何でしょうか?

 

→東日本銀行のローン情報はここからチェック!

Pocket

商品詳細