family-222129_1280

オリックス生命とは東京都港区に本社を置く生命保険会社ですが、皆さん馴染みはありますか?

 

 

ご存知の方も、そうで無い方も、きっと一度知ればオリックス生命の保険が如何に魅力的がお分かり頂けるはず!

 

 

そんな想いから、今回はオリックス生命を皆さんにご紹介しようと思います。

オリックス生命って、どんな会社?

insurance-454895_1280
元々はオリックスとユナイテッドオブオマハ生命保険会社の合弁企業として設立され、その後オリックスグループが全額出資するようになり株式会社となったのがオリックス生命の始まりです。


オリックス生命の大きな特徴としては、営業職員による訪問などのセールス販売を行っていないことが挙げられます。


そのため、販路を保険代理店での販売と通信販売に絞ることによって、一人一人に合った保険を、丁寧な説明と共に提供することに繋がっています。

 

オリックス生命の保険商品は、とにかくシンプルさが売り


オリックス生命ではシンプルで分かりやすい保険という点に重きを置いています。


例えば看板保険商品である「新CURE」では七大生活習慣病に対して特に手厚い保障を実施しています。


加えて、健康保険の効かない先進医療に対しても通算2000万円まで保障していますから、この保険では多くの方がかかりやすい病や、陥りやすい治療費の高騰に備えられるものとなっています。


また、この保険では病気や怪我による入院を一生涯保障しており、更新を無いため保険料が上がる心配もない、という点もシンプルで良いですよね。






一般的な病気へのリスクに備えたいという方にぴったりの保険です。


実際、私が加入しているのはこの「新CURE」なんです。

 

他の保険とも迷いましたが、一般的な病気や最低限保障して欲しいことをしっかり押さえてくれているので、その点がまさにシンプルで解り易く、これにしました。

 

あんまり、複雑なオプションやルールがあるものは苦手で・・・笑

 

そのため、オリックス生命の「新CURE」のような商品は私にとってぴったりだったんです!





 

まだある!シンプルで特徴的な保険の数々

puzzle-210791_1280

オリックス生命では、「新CURE Lady」や「新CURE Support」といったターゲットを絞った保険も用意されています。


例えば、「新CURE Lady」では女性特有の疾病に対して特に手厚くなっていたり、「新CURE Support」は持病を持っている方でも入りやすい保険であり、加入前にかかっていた病気が悪化した場合でも保障の対象となります。


このように、それぞれ保険の特徴がはっきりしており、選びやすいのがオリックス生命の長所です。


さらに、オリックス生命の死亡保険にもそれは現れています。


オリックス生命の死亡保険の中でも特に有名な「FineSave」を見てみましょう。

 

この保険は加入者が保険期間を年満了と歳満了から選択することができる、カスタマイズ性に優れた保険です。

 

加えて、病気、災害、事故、この中の何が原因で亡くなったとしても同額の死亡保障が受け取れます。

 

そのため、面倒で複雑な保障基準がなく、シンプルで分かりやすい保険の代表格だと思います。

 

また、この保険では余命6ヶ月以内と診断された際には生存中でも保険金が受け取れる仕組みなっていますから、残された時間を有効に使うのにも有り難いですね。

 

さらに、余命宣告を受けて体の不調や精神的ダメージでで働けなくなった場合でも、金銭面は「FineSave」で守られますよ。

 

気になる方は、ホームページで簡単シュミレーション!


これまで様々にオリックス生命の商品をご紹介してみましたが、気になるものはありましたか?

 

オリックス生命の公式ホームページでは、保険料シミュレーションや資料請求を行うことが出来るので、気になった方は早速チェックしてみてくださいね。

 

→「シンプルでわかりやすい」オリックス生命の商品はこちらから!

Pocket

商品詳細