balloon-fiesta-1746495_1280

第一生命は、私にとっても思い入れの深い保険会社です。

 

 

特に、若い頃に第一生命の保険には助けられた記憶があり・・・。

 

 

今回は、そのお話をみなさんにお伝えしようと思います。

 

 

ずっと馴染みがあった、第一生命

第一生命は1902年創立という大変歴史がある保険会社で、ご存知の方も多いと思います。

 

 

 

私も昭和の頃からずっと馴染みがあり、「安心の絆」というフレーズとかわいいハートのデザインが優しさを表していて親しみやすく、生命保険の役割を担う企業として存在感があるなあ、と思ってきました。

 

 

 

さらには、様々なテレビのコマーシャルでも知られていますよね。

 

 

 

第一生命のいつも身近にあるイメージというのは、世の中で浸透しているのではないでしょうか。

 

第一生命の保険のおかげで、夢を叶えました!

world-map-1958129_1280

私は20代から30代にかけていた第一生命の保険に、とても感謝をしています。

 

 

 

事の発端は、社会人になり働きはじめてから、万が一のために何か保険をかけたいと思ったことです。





 

 

 

そんな時、とても優しくて親切な第一生命の保険外交員の女性と知り合いました。

 

 

 

私にとても良くしてくれて、私自身が保険を必要としていたこともあり、彼女が紹介してくれたある保険に入ることになりました。

 

 

 

それは15年満期の3年ごとの配当付き定期保険でした。

 

 

これは病気やけがの入院保障と死亡保障が付き、プラス3年ごとに配当金がいただけるものです。

 

 

 

当時年齢が若く健康だった私は、病気やけがの保険金でお世話になることはなかったのですが、やりたいことがたくさんあり、いろんなことにチャレンジしていたので、その配当金は予想以上に有り難いものでした。





 

 

 

例えば、保険の配当金をいただくごとに海外へ行くことが出来ました。

 

 

 

サンフランシスコ、ニューヨーク、フランス、イギリス、イタリア、ベルギーにも行って、やりたかったことを叶えたのです。

 

 

 

そして最後の配当金で南フランスに語学留学が出来、これはかねてからの私の一番の夢だったんです。

 

 

 

海外へ行くことに憧れていた私はその夢を、第一生命でかけていた保険よって叶えていくことができたのです!

 

 

 

もしも保険がなかったら全く違った未来があったかも知れない・・・そう思うと、第一生命の保険や配当金には本当に感謝をしていて、忘れられない想いが芽生えました。

 

配当金つきの保険で、幸せなことが多かった


保険というのは万が一のために、事故や病気、ガンや脳疾患、心臓疾患など、思いがけない出来事に遭遇した時、その金銭的な負担を軽減するためにかけるというものですね。

 

 

 

しかしながら、それ以上に何事もなく無事にいられたことは、とてもありがたく幸せだと感じています。

 

 

 

そして、そんな安心や幸運に加えて、配当金のような形でお金をいただき、夢や希望を叶えさせていただいたのは大きかったです。

 

 

 

今思えば、第一生命のこの保険は、きっと私の人生のその時期にピッタリの保険だったのです。

 

 

 

丁寧で親身なアドバイスをもらって、そんな保険をかけさせて貰えたことは、今でもとてもラッキーだったと思っています。

 

ライフステージに合わせた保険選択で、夢や幸せをつかもう

model-835770_1280


人生というものは、ひとりひとりのライフステージによって必要なことが違います

 

 

 

万が一のためにかける保険は、今の自分にとってどんなものが一番適しているのか、保険の専門家のアドバイスと自分自身の熟慮の結果、見つけることをおすすめします。

 

 

 

そうすることによって、私のように幸せな体験をする人が少しでも多く居てくれれば良いなあと思うのです。

→第一生命の保険を検討してみませんか?

Pocket

商品詳細