money-1685930_1280

「荘内銀行」とは、知名度が低いかもしれませんが、かなり歴史のある銀行です。

 

 

山形県に本店があり、地元の方にも人気の銀行なんですよ。

 

 

今回は、その歴史と人気の秘密に迫ってみたいと思います!

 

荘内銀行の歴史を知ろう

荘内銀行は山形県鶴岡市に本店を置く地方銀行で、昭和16年4月に創立しました。

 

前身は明治11年に創業した六十七国立銀行だそうです。

 

その後、六十七銀行、風間銀行、鶴岡銀行、出羽銀行が合併し、荘内銀行が設立されました。

 

その後も支店の営業譲り受け、合併・業務承継などを行い、最近では北都銀行と共に株式移転により新規設立された金融持ち株会社「フィデアホールディングス株式会社」の傘下に入っています。





 

店舗は山形県、秋田県、宮城県、東京都の本支店をあわせて85店舗あり、老舗銀行として支持を得ています。

 

荘内銀行の特徴は?

tile-1891107_1280


荘内銀行の大きな特徴として、
営業時間を延長する店舗が多くあることが挙げられます。






一般的には、銀行の窓口は平日午前9時から午後3時までが営業時間です。


しかしながら、荘内銀行では平日午後3時から午後5時まで、そして土日・祝日も空いている店舗があるんです!


そのため、なかなか時間が合わずに銀行へ行けない人でも、仕事帰りや休みの日など、生活スタイルに合わせて荘内銀行を利用することが出来るんです。


さらに、ショッピングセンターに隣接している店舗では営業時間を延長しているところが多く、買い物のついでに、住宅ローン相談や資産運用相談などが出来ますよ。


私も、この便利さに惹かれて荘内銀行で預け入れを始めました。


ショッピングついでにお金のことも考えられるので、ショッピングセンターで子供を遊ばせている間にさくっと相談に行ったりしてますよ。


説明も解り易いですし、さらに一部店舗では定期預金の預け入れや、口座開設もすることができますのでますます便利です!

 

荘内銀行では、どんな商品の取り扱いがある?


荘内銀行の商品ラインナップは、総合口座・定期預金等の預金商品をはじめ、


投資信託・外貨預金・国債などの資産運用商品、


そして個人年金保険・医療保険・海外旅行保険・確定拠出年金などの将来に備える商品、


さらに住宅ローン・カードローンなどの借り入れ商品など、多種多様におよびます。


中でも注目すべき商品は、教育資金一括贈与預金の「ハッピーギフト」です。


これは、祖父母等から子や孫へ教育資金にあてる金銭贈与についての相談・預金が信託銀行に行かなくても出来るものです。


平成31年3月31日までに預金すると利息が非課税になりますので、贈与を考えている方は是非、荘内銀行で相談してみてくださいね。


また子育て応援企画として、「やまがた子育て応援パスポート」を提示した方・母子手帳をお持ちの方(妊婦の方)などは、


毎月決まった金額を普通預金口座から振替えて積立をする「スーパー積金」を新規で始めると、


店頭表示金利よりも高い金利が上乗せされます。


パパやママ、そして将来の子供のために、うれしい企画ですね。


期間は3年と5年から選ぶことが出来ますよ。

 

一般の方向けには、平成29年2月28日まで定期預金1年ものの金利が店頭表示金利の10倍になります。


この低金利時代にはうれしいキャンペーンです。

 

地域密着型銀行なら、荘内銀行です

piggy-bank-1595992_1280


地域の人の暮しに合わせた商品が充実の荘内銀行は、その歴史に見合う実力もある銀行です。


山形や秋田、そして宮城にお住まいの方は、荘内銀行で口座開設をしておくと後々嬉しい思いをすることが多いかもしれません!

→荘内銀行のことを、もっと詳しく!

Pocket

商品詳細