busy-1972169_1280

みずほ信託銀行は、みずほフィナンシャルグループ傘下の銀行です。

 

私は、みずほ信託銀行を利用したことがあるのですが・・・皆さんはどうですか?

 

そこで、今回は私がみずほ信託銀行の株取り引きをした際のエピソードも交えて、お話しようと思います。

 

そもそも、みずほ信託銀行とは?

みずほ信託銀行は、本店が東京都中央区八重洲で、東京周辺に沢山の支店があります。

 

 

しかし、千葉や群馬にも出店はしていますから、今後はさらに広いエリアでの出店が加速する可能性が高いと思います。

 

さらに、みずほ信託銀行はホームページの更新にも力を入れているのが特徴です。

 

お知らせの部分は頻繁に情報を更新していて、文字の大きさも程よく、利用者のことを良く考えたホームページになっています。


ホームページ内にはキャッシュカードを落とした、または印鑑の紛失をしたなどのお問い合わせもできるので、いざという時にも安心ですね。

 

また、投資信託や生命保険、遺言に関する業務も行っているのは便利です。

 

特に投資信託については、様々な商品ラインアップがあり充実しています。





 

国内債券や海外債券、国内外株式など自身で運用するタイプの投資が苦手!という方には、投資信託がおすすめですよ。

 

又遺言に関する業務については、みずほ信託銀行が遺言執行を引き受けてくれるものです。

 

依頼人が行った公正証書遺言の正本を大事に保管してくれますから、万が一の時も安心。

 

実は、こうした業務を他に行っている銀行はあまりないので、遺言で困った際は、みずほ信託銀行に頼めば良さそうです。

私がみずほ信託銀行の株を、取り引きをした際は・・・

time-1558037_1280





私は、2005年7月にみずほ信託銀行の株を買ったことがあります。

 

その時購入した値段は170円で、当時は決算があまり良くなかったため、買うのは結構怖かったです。

 

ですが、日経平均が上昇基調だったのもあり、株価が上がるのではないかと期待していたのは確かです。

 

そこで株を買ってしばらくすると、どうやらその予想は当たった様で・・・!

 

100円台は簡単に過ぎ去り、200円も飛び越え11月になんと株価が300円台になりました。

 

本当に嬉しかったのですが、330円になった頃には、さすがに行き過ぎだろうと考えて、この株を手放すことにしました。

 

なぜかというと、配当がそれほどよかったわけではなく、ただ市場の勢いに乗っただけだと判断したからです。

なので、すぐに下がると見たので売却したんです。

 

ところが!

 

その後に同じ株がさらに400円台にまで上昇したのにはびっくりしました・・・。

 

一瞬私が株の値動きを読み違えたかな・・・と後悔しましたが、その後しばらく様子を見ていると、読み通り下落を開始していきました。

 

なんと、値上がりした時とは一転、300円台から100円台への下落が結構速かったため、その時買いを入れるのは無理でした。

 

しかも、下落理由がライブドアショックとリーマンショックなので、おちおち手が出せなかったというのもあります。

 

その後は、2009年の12月に、もういちどみずほ信託銀行の株を80円で買いましたが、値下がりが長期化すると見たので90円で手放しています。

 

そして、みずほ信託銀行は2011年に完全子会社化で上場廃止になり、私のみずほ信託銀行株取り引きは終了となりました。

 

みずほ信託銀行は、みずほFGの傘下で今も活躍している

euro-1976630_1280

 

さて、そんなこんなで私は大金持ち・・・とまでは行きませんでしたが、無事負けをださずにみずほ信託銀行の株を売買できました。

 

現在では、みずほ信託銀行はみずほファイナンシャルグループ(FG)の傘下で活躍しています。

 

個人的には、顧客サービスをしっかり充実させているイメージで、好印象。

 

株取り引きを始めるなら、みずほFGという後ろ盾のあるみずほ信託銀行がおすすめですよ。

 

みずほ信託銀行のホームページはこちら!

Pocket

商品詳細