アメコミを読むのにハマっています!

私の最近の趣味はアメコミを読む事です!

 

アメコミといっても大きく分けて2つあり、1つはDCコミックス(スーパーマンやバットマン等を出版する会社)、もう1つはマーベルコミックス(スパイダーマンやアイアンマン、アベンジャーズ等を出版する会社)です。

 

私は主にマーベル系のコミックを読んでいて、特にそのなかのヒーロー「デッドプール」にハマっています。

 

デッドプールはガンに冒された男が度重なる人体実験を受けた結果、「ヒーリングファクター」という特殊能力を得て不死身の傭兵となったキャラクター。

 

しかしヒーリングファクターにより活発になったガン細胞が全身に蔓延・醜い容姿へ変貌してしまい、正気を失ってしまいます。

 

その容姿のせいで不死身なのに死にたがり、金次第で動く性質のため人に善い事をしたくても嫌われてしまう…という複雑なおい立ちを持った役どころです。

 

こうした生まれのキャラですがコメディリリーフ的な立ち位置も持っていて憎めない性格なのが魅力的です。

 

彼が主役のアメコミのいくつかは邦訳化されているものもあります。

 

関連画像1

 

邦訳されたアメコミも読みますが、それでも現在はごく一部しか邦訳化されていません。





 

彼が主役で未邦訳のものも複数あるので、そういった場合は原書(邦訳されていない原作本)を専門店で購入したり、電子書籍を買い漁ったりしています。

 

原書は小冊子程度の厚さで1冊600円、電子書籍の場合は200~450円くらいかかる事が多いです。

 

関連画像2(アメコミ小冊子)

(こちらは小冊子の「マーベルツムツム」というアメコミ)

 

専用のアプリで有料サービスを使えば毎月1000円程度で読めるので、読む量が多い人はこうしたサービスを利用する事もあります。





 

原書は当然英語で書かれているので自力で翻訳しているのですが、まずこの作業が大変です。

 

何しろ原書は口語英語で書かれていることもあり、エキサイト翻訳等を利用してもスムーズに訳せない場合が多いので、台詞一つ解釈するのにも時間を使います。

 

最近読んでいるアメコミ「Spider-man/Deadpool」では台詞量も多いので尚更です。

 

関連画像3(アメコミ電子書籍)

 

ですがそれでも作業をこなすうちに英語にも慣れてくるので、英語の勉強になると思います。

 

英語が苦手な学生さんにはちょうどいい趣味になるかもしれません!

 

 

Pocket

商品一覧

商品詳細

関連画像3(アメコミ電子書籍)