最近私がはまっている趣味は茶道です!

高校の時に茶道部に入部したのがきっかけで、卒業してから社会人になってもお茶のお稽古を続けています。

 

今は高校の茶道部の顧問の先生のお宅に伺い、月に3回のお稽古をしています。

 

私は裏千家で習っているのですが、お稽古はただお茶を点てるだけではなく、お道具を拝見するのも大事なお稽古の一つになります。

 

床の間に飾ってあるお軸や季節によって使うお道具も異なるので、最近は希薄になっている四季を身近に感じることができます。

 

四季を身近に感じることの一例として、ひな祭りの時には先生からちらし寿司を頂きます。

 

tirasi

 

またお道具を清めるときなどに使う帛紗も毎年ごとに季節の干支を用いたデザインになっており、毎年のデザインを見るのも楽しみの一つです。

 

千利休から続いているお稽古事で、お茶碗も江戸時代のものを使用したりしますので、歴史が好きな方にもオススメなお稽古です。

 

hukusa

 

また、仕事でミスをしたり嫌なことがあったときでも、お稽古をしているとそのゆったりとした非日常な空間に癒され、気分がとてもリフレッシュします。





 

私はお茶を始めてから、あわただしいときなどは自分でお茶を点てていま。

 

tyawan

 

そうすると不思議に心が落ち着くようになりました。

 

毎日忙しい生活をしている人が多いと思いますが、お茶を一服頂くだけで気分がリフレッシュし、ストレス発散することができます。
さらにお稽古では例えばこの畳に入るときはどちらの足から、そして1畳を何歩で歩くなどということも決められており、その決められた形をいかに美しく行うかということもお稽古の重要なポイントになっています。

 

自分の所作、また周りにはご年配な方が比較的多いので、言葉使いなどにも気を付け、また度々ご指導を頂きます。





 

茶道を習ってから所作や言葉使いが良くなったのではないかと思っています。

 

Pocket

商品一覧

商品詳細

tyawan