1

はじめに

日々家計の無駄を見つけて節約に努めているアナタに朗報です。

 

「でんき家計簿」を使って日々の電気の使い方を知って、その中のムダを知れば、家計はさらに節約することができます。

 

今回はこの「でんき家計簿」について紹介します。

 

でんき家計簿とは

「でんき家計簿」とは東京電力が提供しているサービスです。

 

これを使うとあなたが家で消費している電力量とその料金を一括で見ることができたり、グラフや表を使って現在の電力消費を詳しく知ることができるサービスです。

 

この「でんき家計簿」サービスは東京電力のホームページから登録すればすぐに使用できます。

 

但し登録には、サービス内容のお知らせを受けるメールアドレスと、東京電力から毎月送られてくる検針票に記載された「お客様番号」が必要になります。

 

普段、検針票は料金だけしか見てすぐに捨ててしまっていた人は翌月まで待つか、東京電力に電話で問い合わせて「お客様番号」を用意しましょう。

 

なお、ホームページにアクセスして「でんき家計簿」サービスの登録をするまでの流れは、動画まで準備されていますので、パソコンの操作が苦手な人でもスムーズ登録できるようになっています。

 

621175





 

でんき家計簿のメリット

でんき家計簿に登録すると以下のメリットがあります。

 

・毎月の電気使用量をグラフとしてみることができる

毎月の電気使用量をグラフで見ることができ、さらに時間帯別電灯契約をしていると朝昼夜料金が色分けされます。

 

1年間の電気消費量がグラフで一括表示されるため、去年と今年の比較、季節での比較(夏と冬など)をして、あなたの家庭の電気消費量を振り返ることができるので、節約のためのヒントになります!

 

さらに、同じ電気容量の契約をしている家庭の平均値がグラフ上に赤い折れ線で表示されます。

 

一般家庭と比較したときの目安として使用してみて下さい。





 

・電気料金をグラフとしてみることができる

毎月の電気料金を棒グラフとしてみることができます。こちらは2年分の電気料金はを見ることができます。

 

大抵は電気料金と電気使用量は正比例しますが、電気料金の値上げなどがあった場合は、電気使用量が減っているのにも関わらず、電気料金が増えるケースが有ります。

 

そうした節約だけでは見抜けなかった盲点をこれによって気づく場合があります。

 

・スマートフォンからチェックできる

あなたのスマホがアンドロイドならば、アプリをダウンロードするだけで、家の電気の使用量と料金を確認することができます。

 

ただしパソコンから登録した後でないとアプリが使えませんので注意して下さい。

 

588661

電気家計簿を導入してどう変わったこと

実際に私も「でんき家計簿」に登録した結果、電気代を月300円以上節約できました。

 

私の場合は電気使用量を振り返ったときに、冬の電力消費量が夏と比較してかなり大きかったことに気づきました。

 

最初はエアコンとこたつを使っていたからかなと思っていたのですが、調べてみたら誰も居ないのに、こたつを付けっぱなしにしていたのが原因ということがわかりました。(ひどいときは1日中付けてました。)

 

誰もいない時はきちんとこたつの電源を切るようにしたら、1月の電気料金を300円以上節約できました。

 

読んでいるあなたはこんなにズボラではないと思いますが、導入してみると節約だけでなく生活を振り返る機会にもなりますよ!笑

 

606767

まとめ

いかがでしたか?

 

「でんき家計簿」はあなたの家庭の電気料金を節約するために様々なサービスを提供しています。

 

普段から節約をしている、もしくはしてみたいと思いましたら、ぜひとも「でんき家計簿」に登録してみて下さい!

 

→でんき家計簿をご利用の方はこちらのページへ

Pocket

商品詳細