一人旅の魅力をお伝えします!

私の趣味は一人旅です。今まで、宮古島、伊良部島、池間島、来間島、石垣島、波照間島、黒島、鳩間島、小浜島、屋久島、小笠原諸島、北海道と、おもに離島の島々を中心に旅をしてきました。

 

P_20160723_110356

 

私がひとり旅にはまったきっかけは、学生時代の同僚で、一人旅にはまっている人の話を聞いたことがきっかけでした。

 

彼は、いわゆるバックパッカーで、ひとりで安宿をふらふらと旅をするのが好きでした。

 

当時、ひとりで旅に出るなんて考えられなかった私は、「ひとりでさみしくないの?」と聞きました。

 

「全然。むしろひとりの方が友達もできるし、現地のひとと触れ合えるから、楽しいよ」と彼は答えました。

 

とりあえず、自分もチャレンジしようと思い、初めての一人旅はなんとなく宮古島を選びました。

 

【ゲストハウス】に泊まるのがポイントだそうです。

 

【ゲストハウス】は、2000円~4000円くらいの安宿で、トイレ、シャワー、キッチンなどが共有スペースになっています。

 

寝室は共有だったり個室だったりと宿によって違います。





 

【ゲストハウス】に泊まれば夜は一緒にご飯を食べたり飲んだりと、さみしくないと聞いていた私は【ゲストハウス】に泊まりました。

 

すると、宿泊客はみんな一人旅の人ばかりでした。

 

年齢も性別もばらばらだけど、みんな自然が好き、海が好きという共通点があるので、自然と仲良くなれます。

 

話題は、今までどこを旅してきた、というものばかり。

 

一人旅が初めてだった私は、まだまだ日本には楽しそうな場所がたくさんあることを知って、もっといろいろな所に旅をしたい!と思うようになりました。





 

P1030534

 

一人旅を楽しむポイントは、【ゲストハウス】に泊まって旅の仲間を作ること。気が合う人がいれば翌日一緒に観光したり、レンタカーをシェアしても楽しいです。

 

【ゲストハウス】で一人旅がじぶんだけ、なんていうときは、居酒屋さんのカウンターに座りましょう。マスターとおしゃべりしてもいいし、現地のお客さんが話しかけてきてくれたりします。

 

特に女性の一人旅だと、声をかけてもらえたり、おごってもらえることが多いので、おススメです。

 

ただし、世の中には悪い人もいるので、危ないと思ったらついて行ったりはしないでくださいね。

 

それだけ気をつければ、一人旅でも楽しく過ごせます。

 

今まで連休は特にすることもなく、無難に過ごしていました。

 

しかし一人旅を始めた今は、連休が楽しみで、旅に行けるから仕事がんばろう!というモチベーションにもつながっています。

 

P1030407

 

 

 

Pocket

商品一覧

商品詳細

P_20160723_110356