1

パソコンを仕事で使うことが当たり前になった昨今。

 

みなさんどれくらいのスピードてタイピングをすることができますか?

 

先日派遣会社への登録に行ってきたのですが、文章を決められた時間内でどれだけタイピングできるか、というテストが最初にありました。

 

その能力値によって紹介できる仕事も時給も変わる、と言われたんです。

 

タイピングは練習してもなかなかうまくならない、と嘆いている人はいませんか?

 

そんなことないんです、タイピングは練習したら練習しただけ早くなります。

 

そのオススメの練習方法をご紹介します。

 

パソコンで日記を書く

startup-593327_640

 

まずは、毎日タイピングをする、という習慣をつけるようにしましょう。

 

日記が短くなってしまっても、ものすごく時間がかかっても、あきらめず毎日続けることが大切です。





 

 

タイピングゲームで遊ぶ

私が実際にタイピングの練習で使っていたツールは【寿司打】という無料のフラッシュゲームです。

 

 

スクリーンショット 2016-09-06 16.44.42

 

 

ネットで検索するとすぐにでてきます。

 

このゲームはお寿司屋さんに出かけて行って、タイピングをすることで一皿食べることができる。

という設定になっており、まず食べるコースを3,000円のお手軽コース、5,000円のオススメコース、10,000円の高級コースの中から選択します。





 

 

スクリーンショット 2016-09-06 16.53.40

 

そしてそのコースでタイピングを行い、どれだけそのコースに対してお得に食べられるか、というのを競うゲームです。

 

お金が関係してくるスコアの見せ方なので、ついつい躍起になってしまうのがいいところです。

 

ちなみに私は高級コースでこんな感じです。

 

 

スクリーンショット 2016-09-06 16.43.22

 

お手軽コースから始めると、単語レベルでお寿司が出てくるので一皿一皿を簡単にやっつけることができ、かなり爽快にゲームを進めることができます。

 

タイピングに苦手意識がある人はこのお手軽コースから始めてみましょう。

 

結果で毎秒何キー打てるかも出てくるので自分が時間帯あたりどれくらいの文字を書けるのかという指標にもなります。

 
私は文章を考えずに写すだけだとだいたい10分くらいで1000文字はタイプすることができます。

 

そうするとどういうことが起こるかというと…

 

大学生の小レポートなら30分くらいで終わらせることができるんです!

 

そして会社員になってからも、仕事が早い、と重宝がられます。

 

やはり今の時代、タイピング、特にブラインドタッチは必須スキルですね。

 

仕事が早いと有名になると、信頼もしてもらえるし、新しい仕事も次々に舞い込んできます。

 

タイピングは早くなれば早くなるほど自分でも楽しくなってくるので、ぜひタイピングゲームなどを駆使して、楽しくタイピングをマスターしてみてください。

 

→寿司打のページはこちら

Pocket

商品詳細