身体に良くて味覚の変化が楽しい中国茶!

私は今中国茶を飲むのが趣味です!

 

主人の転勤で、家族全員で中国に駐在している時に、習い始めたのがきっかけです。

 

初めは何気なく習い始めたのですが、すぐに中国茶の世界にはまってしまいました!

 

中国茶は、日本茶と違って、とにかくたくさん飲めるお茶なんです。

 

良い茶葉ですと、10煎飲んでも大丈夫ですし、飲む度に味覚の変化があるんです。

 

中国茶の最大の魅力は、ここにあります。

 

何杯も飲めて、味覚がどんどん変化することなんです。

 

 

一般に、日本茶というのは、一煎目がおいしくて、すぐに味覚がなくなっていきますよね。

 

二番煎じとか、出がらしというのは、日本茶から来た言葉です。

 

日本茶とは本当に対象的に、中国茶は一煎目は普通洗い流してしまい飲みません。





 

 

二煎目から飲んで行きます。

 

そして、三煎目、四煎目と、飲み進んでいくほどに、味覚が変化しているのに気が付きます。

 

そして、良い茶葉であればあるほど、何杯飲んでも味覚が落ちて来ません。

 

ずーっと味覚が続いているのです。

 

これが日本茶との最大の特徴です。





 

 

また、お茶にはカフェインが含まれています。コーヒーも同じですよね。

 

ですが、コーヒーと違って中国茶は何杯も飲めてしまうので、すぐにトイレに行きたくなります。

 

つまり、カフェインの利尿効果と、いっぱい飲める中国茶の特徴で、水分を体内から出す回数が多くなります。

 

ですから、中国茶にはデトックス効果もあるんです!

 

そして、茶葉にはそれぞれに効能があるとも言われています。

 

目の疲労に効いたり、脂肪分を体外に流してくれたり、胃腸を整えてくれたり、風邪を予防してくれたり、ダイエット効果があったりと、茶葉それぞれの効き目があると言われています。

 

こういう風に捉えると、中国茶はとても健康にもいいものでもあります。

 

ちゃんと中国茶を飲もうとする場合は、茶器で丁寧に淹れます。

 

工夫茶とか、茶芸とか言われる淹れ方です。

 

茶芸

 

お湯を流す茶盤の上に、いくつかの茶器を使って、お茶を淹れる飲み方です。

 

これはとても中国的で、風流な飲み方です。

 

飲み方も風流ですし、茶器にも様々な種類があるので、集める楽しさもあります。

 

でも、一般の中国の人たちは、ガラスコップやマグカップで飲んでいます。

 

ガラス

 

 

お茶とお茶うけ

 

ですから、茶器を使う楽しさもありますが、茶器を使わなくても楽しむ事ができます。

 

又、茶葉の種類が数千種類と言われる位ありますから、飲むほどに、又違う茶葉を飲んでみたくなってしまうのです。

 

この様に、中国茶にはたくさんの楽しみ方があります。

 

とても深く楽しい趣味ですので、ぜひ中国茶を飲み始めてみませんか?

 

 

Pocket

商品一覧

商品詳細