海外旅行の醍醐味とは?

私の趣味はずばり旅行です。

 

国内、国外問わずに好きなのですが、今回は海外旅行についてお話したいと思います。

 

私は大学時代に10か国の国に行きました。

 

イタリア、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、台湾、タイ、パラオ、カンボジア。

 

大学では出来るだけ多くの国に行くと決めていました。

 

 

IMG_1447

 

 

なぜそんなに海外旅行に行きたかったのかといいますと、私は高校時代に世界史の魅力にのめり込んでしまったからです。

 

昔の人の考えは面白く、特に世界史では様々な国ごとの思想、宗教、文化、人となりを学ぶ事が出来ます。

 

中にはぶっ飛んだ考えの人も多く、しかし、ぶっ飛んだ人こそ素晴らしい文明品、遺跡、哲学を後世に残しています。

 

 

IMG_1448





 

 

そんな奥の深い物事をこの目で直接見てみたい!という思いから、海外へ行っていました。

 

そんな私にとっての海外旅行の醍醐味は、現地の生活を自分もやってみる、現地の人とできるだけ触れ合う、ということ。

 

なので、個人的には買い物や観光がメインになるヨーロッパ旅行よりも、アクティビティやボランティアが出来る、貧しくて不便である、食事に癖のある、そんなパラオ、カンボジアなどの方が印象に残っており、満足感が高かったように感じています。

 

 

IMG_8503

 

 

滞在中は食事やトイレに困りましたが、それこそ普段は体験できない、日本では想像もつかない生活です。





 

滞在中は極力その生活を体感し、自分の恵まれた日常を感謝するとともに、どうしてこうも差があるのか、どこまでさかのぼればこの現状に至った要因が分かるのか、、、

 

そんな歴史的思考を巡らせていました。

 

 

IMG_9369

 

 

 

これこそが私にとっての海外旅行です。

 

なかなかこの楽しみ方に共感してくれる友人はいなく、行きたかったのに行けなかった国の方が圧倒的に多いのですが、社会人になり、母になった今でもあきらめていませんので、ぜひまた機会を見つけて海外に繰り出したいと思っています!!!

 

 

 

Pocket

商品一覧

商品詳細