私がハマっている趣味「人形の洋服作り・手芸」についてご紹介します!

ちょっと高級なショッピングモールに行った時に手芸店に可愛い着せ替え人形が飾られていて欲しくなって買った事がきっかけで人形の洋服作りにハマるようになりました。

 

3手芸

 

手芸屋さんで出会った可愛い人形のニーナと洋服の作り方の本。

 

私はインドア派で普通の人に比べると時間があるので、暇な時はゲームをして無駄な時間を過ごしてしまい、「もっと有意義な時間の過ごし方が無いのか」と考えている事がありました。

 

そんな私には人形の洋服作りはピッタリだったようでハマってしまい色々作るようになりました。

 

最初は、フェルトのタンクトップのような単純な物でしたが、上達してくるとレースやリボンの付いたお洒落な服や靴を作るようになりました。

(靴は破れたバッグを再利用)

 

 

手芸

 

 

手芸2

 

このように段々と難しい物へステップアップしていくと、裁縫の技術が上がり、複雑な刺繍もできるようになりました。





 

刺繍をしたバッグを英会話スクールに持って行くと「どこに売っているの?」と聞かれ「自分で作りました」と言うと驚かれました。

 

 

ビーズやスワロフスキーの付いたきらびやかなで複雑なドレスを作ろうと思えば費用はかかりますが、このように余った布の切れ端で服を作れば費用はかかりません。

 

 

手芸1

 

 

人形の服なので必要とする布の量も少なく、リバティプリントの布を買ったとしてもブラウス程度なら30×50程度でできてしまいます。

 

また、着なくなった服を再利用すれば材料材がタダになるのでお金をかけずに楽しむ事ができます。





 

 

人形の洋服作り・裁縫は、私のようにお金が無い上に暇な人にピッタリなだけではなく、複雑な形の物を作り裁縫技術が上がるので裁縫が上達したい方にも向いています。

 

一度、「売って欲しい」と言われた事もあるので、もしかすると内職程度のお金を稼ぐ事ができるかもしれません。

 

 

 

Pocket

商品一覧

商品詳細