作って!食べて!2度楽しめるパン作りにハマっています!

私の趣味は、パン作りです。
手捏ねでのパン作りは、子供の頃に好きだった粘土遊びのようで、ストレス発散になります。

 

パン作りに重要な事は「温度・時間・湿度」です。

 

パン屋で働いていた時に教えてもらいました。

 

その事を意識して作っていますが、いつになれば100点満点の出来あがりになるのかな?

 

失敗してばかりですが、今日も懲りずにパン作りを楽しみます。
まずは、材料の計量

 

画像1

 

普段、おおざっぱな私ですが、パン作りの時だけは、しっかり計量します。

 

仕込み水の温度もしっかり測ってから、ボールに投入します。

 

しっかり捏ねて、グルテンを作っていきますよ。

 

出来あがりはこのような感じに





 

画像2

 

薄くのばしても破れず、膜1枚で繋がっている状態で、捏ねは完了です。

 

捏ねあがった生地の温度(捏ね上げ温度)は、27度くらいが最適です。

 

このために、仕込み水の温度をその日の気温によって調整しています。
オーブンの発酵機能を使って、1次発酵を行います。

 

待っている間は、掃除や洗濯など、家事をしながら待ちます。





 

40分後、約2倍に膨らんでいるので、フィンガーテストをして発酵状態を確認します。

 

画像3

 

穴がふさがらなければ、発酵完了です!!

 

その後は、生地を分割して、丸め直して、ベンチタイムをとっていきます。

 

ベンチタイムが終われば、ようやく成型開始です。

 

今回は、同じ生地で3種類作ってみました。

 

昨夜の残りのポテトサラダを包んでみたり

 

画像4

 

ハムを巻き込んでみたり、ウインナーを乗せるようの形に成型してみたり。

 

画像5

 

成型後は、2次発酵を開始です。

 

オーブンの発酵機能を使用して、待ち時間は掃除の続き!!

 

2次発酵が完了すれば、焼き色を出すための溶き卵を塗って、具材をトッピング♪

 

溶き卵を塗る時は、ヘラの下の方を持ちます。

 

画像6

 

上を持ってしまうと、力加減が上手くいかず、せっかく発酵した生地を潰してしまうかもしれません。

 

パン屋で働いていた頃、これが原因でよく怒られていました…
最後に、しっかり余熱したオーブンで焼けば完成です。

 

画像7

 

焼き色がイマイチですね。

発酵させすぎたわけではないはずだけど。

 

オーブンの開け閉めが遅かったせいで、庫内の温度が下がったせいかもしれません…

納得のいくパンが出来るまで、これからも練習が必要ですね。

 

 

Pocket

商品一覧

商品詳細