趣味をやっている時は無心になれる私の時間!

私の趣味は編み物です。

 

子供のころに母に教わって以来じつに30年以上は続いている趣味です。

 

最初は母の余った糸を使って、編んではほどいて、編んではほどいてとそんなことを繰り返していました。

 

初めて一つの作品を完成させたのは小学校6年生の時です。

とても簡単な柄のセーターでしたが完成したときの喜びは今でも覚えています。

 

達成感というものは普段の生活では意外に感じることが少ないかもしれません。

ちょっとした作品でもその達成感はひとしおです。

 

untitled

 

 

また完成した作品を自分で着てもいいのですがプレゼントすることも良くあります。

友達へのプレゼントや母の日などに渡すととても喜んでもらえるという事が何よりもうれしいのです。





プレゼントした後で何気なく使ってもらっているのを目にすることは自分勝手な満足感でもあります。

 

untitled
編み物での利点は無心になれることです。

 

柄によっては目数を数えながら編む必要があります。

 

1.2.3.4そんな風に数えていると無の境地に入り瞑想しているかのようです。

 

私はクヨクヨと小さなことに悩む性格です。





 

嫌な事があったり悩み事ができると、永遠と頭の中でそのことを繰り返し考えてしまいます。

 

しかし、編み物をしている間は数を数えることに夢中になっているために嫌な事をすかり忘れてしまっているのです。

 

そんな時間が長く続くことで悩み事を悩む暇もないという状態になります。

 

いつも悩んだり落ち込んだりとなかなか前向きな性格になれない人にはお勧めの趣味かもしれません。

 

untitled

 

 

悩み事を忘れ、達成感もあり、満足感もあるのですから。

 

まずは小さなものから何か作ってみるといいかもしれません。出来上がった時の喜びはきっと忘れられないものになるはずです。

 

 

Pocket

商品一覧

商品詳細