皆さんは、プレゼンテーションソフトであるパワーポイントをご存知ですか?

マイクロソフトが開発したこのソフトは、学校の課題発表や会社の会議などでプレゼンを行うために用いられるソフトということで、一度は触れられたことがある方も多いと思います。

 

画像1

 

パワーポイントには、文章を書き示したり図形を描画する機能はもちろんのこと、他にもプレゼンテーションをより良いものにするための機能が実装されています。

それらについて、以下で触れてみます。

 

まず、「挿入できる図形が多彩」という点です。

 

画像2

 

図形というのは、例えば矢印や四角、丸などといったものですがパワーポイントの場合は、これらだけでなく「フローチャート」や「吹き出し」などといった特殊なものもあるので、図で何かを示したい際の図形選択の幅が広がります。

 

この機能を活用すれば、文章だけのスライドよりも目で見て「パッとわかる」スライドを作成することができますし、自分で後から読み返しても「こういうことを示しているのか」と、相手と自分にとって分かりやすいスライドに仕上げることができます。

 

私も、この点で自分の考えていることや、概念を図に起こしたいときに大いに活用しました。





 

 

次に、「アニメーション効果が一目瞭然」という点です。

 

画像3

 

これは、パワーポイントの編集画面にて「アニメーション」を選ぶとアニメーション効果の一覧が表示されるのですが、それらの効果名の下にアイコンが付加されており、そのアイコンをみれば、どのようなアニメーション効果をもたらしてくれるものなのか、一目瞭然というわけです。

 

他のプレゼンテーションソフトにも、アニメーションはありますがパワーポイントのようなものではないように感じました。

 

この点から、効率的なアニメーション効果の振り付けを行いたいと考えた場合、パワーポイントに軍配が上がるように思います。





 

小さなことかもしれないですが、私はこの1点だけでも効率性に差があったように思います。

 

 

また、アニメーションをつけることで、プレゼンテーションを観る人に対して「印象に残りやすいスライド(プレゼン)」を作成することができると考えます。

 

なので、記憶に残りやすいスライドを作成したいという方は、こういった機能を活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に、「スライドのデザインが多彩」という点です。

これは、パワーポイントからOffice.comというサイトへアクセスし、スライドのデザインを更新することが可能なのです。

 

こういった機能はパワーポイントならではと思われますので、是非更新して色んなスライドでプレゼン資料を作成してみてください。

 

この機能を利用すればいつも同じスライドではなく、背景からも印象に残るようなスライドを作成できるかと思います。

 

私もどういったスライドのデザインなら発表テーマに合うか、など考えながらデザインを探していますが、こういった点でパワーポイントは便利なように感じます。

 

→公式ページでのパワーポイントの購入はこちら

 

Pocket

商品詳細