岡山県は、中国山地の山並みを背景にしながら、南側では瀬戸内海に面しており、多様な食材を生み出してきました。

 

岡山県の名物といえば、やっぱりきびだんごですよね。

 

日本昔話に登場するきびだんごを、一度は食べてみたい!と思うものです。

 

あまりに有名なので、すでに手土産で何度も食べた…という方もいるかもしれませんが。

 

 

一方で、岡山県は観光客向けのグルメにも山海の珍味やフルーツが豊富ですから、味に厳しい人も満足させるほどの実力があります。

 

そこで今回は、岡山県のグルメ情報をお届けします!

 

岡山県のママカリとは?

岡山県を象徴する名物としては、ママカリを挙げる人も少なくありません。

 

あまりにも美味しいために、ご飯を借りたくなるというのが名前の由来です。

 

0_00004399_GAZOU1_n

 

新鮮なものは握り寿司の材料として使われる一方で、酢漬けや甘露煮にして食べることも一般的です。





 

シンプルに素焼きにしてから、煮浸しにしても美味しさが際立つ食材です。

 

城下町の岡山市をはじめとして、県内の広い範囲で食べられますから、観光で訪れたときには食べることがおすすめですよ。

 

 

フルーツについては、白桃とマスカットの生産量が特に多く、主に夏から秋の時期を中心にして収穫されています。

 

良質な果物が育まれるのは、晴れの国と呼ばれるほどに晴天が多く、日照時間が長い環境にあるからです。

 

山間部では適度な温度差があることも、果物が美味しくなる理由です。





 

メロンは岡山市の足守地区を中心にして栽培されており、こちらも良質な味わいで人気を獲得してきました。

 

岡山県のばら寿司は県内でも地域ごとに味が違う!?

岡山の海と山の幸を全て使ったグルメでは、ばら寿司が代表的となります。

 

具体的にはママカリやシャコをはじめとして、レンコンや金糸卵などが使われ、見た目も豪華な内容です。

 

岡山県を代表する郷土料理の一つですが、地域ごとに特色があるため、多様な楽しみ方ができます。

 

0_00006033_GAZOU2_n

 

津山市の地域では、津山ホルモンうどんが人気となっています。

 

このホルモンにはクセがないため、甘辛いタレと絶妙に調和して美味しくなるのが魅力です。

 

津山城に訪れてからは、津山ホルモンうどんを食べるプランを考えておくと役立つはずですよ。

 

 

笠岡市に行けば、ご当地ラーメンとして人気の笠岡ラーメンを食べることができます。

 

このラーメンは鶏ガラベースのスープに対して、鶏のチャーシューを用いるのが特徴です。

 

九州の豚骨味とはまた違った味を楽しむことができますので、ぜひ食べてみてくださいね!

 

まとめ

岡山県についてのご紹介でした。

 

たくさんの郷土料理がありすぎて、何泊もしたくなっちゃいますよね!

 

朝も昼も夜も美味しいものを食べて、満腹になって帰宅しましょう!

 

岡山県についての詳細は、こちらから公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

Pocket

商品詳細