チョコレートって美味しいですよね!

 

甘いミルクチョコやちょっぴり苦いビターチョコ。

 

カカオが含まれているので栄養もあって、ついつい口にしてしまいます。

 

わが家にはチョコが存在しない日が無いというほど、常にストックしていたりもします(笑)

 

うちも同じ!という方も多いのではないでしょうか?

 

そんなチョコ好きの方におすすめしたいのが、チョコの本場ベルギーで食べるチョコレートです!

 

ベルギーはチョコレートの名店揃い!

ベルギーには、多くのチョコレートの名店があります。

 

なぜベルギーのチョコレートが美味しいのか知っていますか?

 

実はそれにはちゃんとした理由があるのです。

 

aef59fa7c7fb5ffe374844b550b9080490629331_p





 

実はベルギーでは、プラリネやクーベルチュール・チョコレートを作るのに、カカオバター以外の油脂を使わないなどのルールを設けています。

 

そのためベルギーで作られるチョコレートは、カカオバターのコクや滑らかな舌触りがあるので、人気が高いです。

 

 

そんなベルギーでおすすめしたいチョコレートのお店が、ヴィタメールです。

 

これはベルギー王室御用達のチョコレート店で、1910年にオープンし、100年以上もの歴史を刻んでいます。

 

上品さと口溶けの良さは、まさに食べた人を贅沢な気分にさせます。





 

元々はケーキ屋として創業したので、チョコレートだけでなくケーキも食べられます。

 

ヴィタメールはブリュッセルのサブロン広場に店舗を構えています。

 

ゴディバもベルギー王室御用達のお店!

またベルギーのチョコレートとしてイメージする人が多いのが、ゴディバです。

 

日本でもバレンタインに購入する女性がいますが、ゴディバも王室御用達で品質の高さが認められています。

 

facebook_ogp

 

ブリュッセルに多くの店があり、グランプラスにある本店の近くにはアウトレットがあります。

 

傷が付いているなどで商品にはできませんが、味は劣っていないので、お金をかけられない人も購入できます。

 

ゴディバのチョコレートはカカオの風味が豊かといわれますが、南アフリカや東南アジアなど世界中のカカオ豆の中で最高級のものを厳選しているので、香りが上質になっています。

 

 

また今までのチョコレートに対する概念を変えてくれるのが、ザ・チョコレート・ラインです。

 

フランスで有名な週刊誌に、世界5大ショコラティエの1人として紹介された人物が代表を務めています。

 

他のチョコレート店と異なるのは、この店ではベーコンや黒オリーブ、カレーなどチョコレートとは組み合わせにくいフレーバーを使っていることです。

 

本店がアントワープ宮殿の中にあり、店の中に入っただけでウキウキとした気分になれます。

 

ポップなデザインのチョコレートが多いので、若い人へのお土産にもピッタリです。

 

気になるフレーバーを詰め合わせにすれば、自分だけの変わり種チョコレートが完成します。

 

まとめ

ベルギーについてのお話でした。

 

高級なチョコレートは一粒で数百円というびっくりなお値段ではありますが、スーパーやコンビニで売っているのとは比べ物にならないくらいの風味と美味しさですよね。

 

本場ベルギーに行って、たくさんのチョコレートを楽しみましょう!

 

ベルギーについて興味を持った方は、こちらから

Pocket

商品詳細