お湯を注ぐだけで手軽にコーヒーを飲むことができるインスタントコーヒー。

 

わが家にも常備していますが、毎日飲むのであれば、インスタントコーヒーで十分という方も多いのではないでしょうか?

 

 

特別なものを用意しなくてもお湯さえあればアウトドアでも楽しむことができ、好みの濃さになるように量で調節をすることができるため、その人の好みに合わせた味を作ることもできます。

 

 

近年では、インスタントコーヒーの製法技術が高まって、インスタントであってもおいしいものがたくさんあります。

 

でもやっぱり…お客様が来たときや特別な日などには、もっと美味しいコーヒーが飲みたいですよね。

 

やっぱり本物の豆から抽出されるドリップコーヒーの香りに勝るものはないのです。

 

そこで今回は、ドリップコーヒーについてお話します。

 

ドリップコーヒーってそもそも何?

ドリップコーヒーは、コーヒー豆を焙煎したものをミルで粉末状にし、それをフィルターに入れて抽出させたもののことを言います。

 

幅広い種類があり、コーヒー店で行われているのがハンドドリップです。

 

注文を受けてからコーヒー豆を挽くことになり、その後にはすぐに抽出が行われます。





 

スタッフの手作業によって一杯ずつ作られ、ゆっくりとお湯が注がれることになります。

 

shutterstock_473186926

 

コーヒー店に行くと、スターバックスやタリーズなどのチェーン店であっても、1杯300円程度しますし、毎日飲んでいたらかなりの出費になってしまいますよね。

 

そこでドリップコーヒーなのです!

 

ドリップコーヒーだったら、自宅でも手軽に楽しむことができます。





 

 

用意する道具としては、コーヒーフィルター、コーヒーフィルターを入れるドリッパー、抽出口が細くなっているケトルになります。

 

コーヒーフィルターとドリッパーはそれぞれ二種類があるので、どちらかを先に購入してしまったとなれば、それに合わせたものを手に入れる必要があります。

 

コーヒーフィルターでは、台形のような形をしているものと三角錐のような形をしているものの二種類があるので、購入の際には注意をします。

 

また、コーヒーメーカーであればハンドドリップのようにゆっくりとお湯がしたたるような機能が付いているので、ハンドドリップに近い美味しさを出すことができます。

 

機械が無い方はドリップパッグコーヒーもおすすめ!

他にも、インスタントコーヒーのようにお湯を用意するだけで、特別な道具を必要としないものにドリップバッグコーヒーがあります。

 

粉末状にされたコーヒー豆がフィルターの中にセットした状態で販売されており、コーヒーカップの上に安定して設置できるような形状になっているのが特徴的です。

 

自宅でも屋外でもお湯さえあれば、香りを楽しみながら本格的なコーヒーを飲むことができます。

 

shutterstock_623102873

 

ドリップバッグは、コーヒーの中につかるような形になるので、自分の好きな濃さになるまで浸けておくこともできます。

 

お歳暮やお中元のギフトとしてセットになったものも人気商品となっています。

 

家庭でも、一杯だけ飲みたい!という時にわざわざコーヒーメーカーにセットして作る必要もなく、手軽でありながらもおいしさがあることも人気の秘訣です。

 

 

私もギフトでお茶菓子とセットでもらったことがありますが、お湯をそそぐだけでインスタントコーヒーと同じくらい簡単に作ることができます。

 

なのにも関わらず、味は全然違って香りも素晴らしいので、ぜひ飲んでみてくださいね!

 

まとめ

ドリップコーヒーについてのお話でした。

 

インスタントコーヒーは開けてから日が経過すると、やっぱり香りがなくなってしまいがちです。

 

でもドリップコーヒーであれば、香りと一緒に味も楽しむことができますので、特別な日にはドリップコーヒーを飲むのがおすすめですよ。

 

美味しい淹れ方についてはこちらを参考にしてくださいね!

Pocket

商品詳細