今、「ウイルス」が世間で脅威を振るっています。

 

このウイルスとはインフルエンザ等のウイルスではなく、いわゆるコンピュータ・ウイルスを指します。

 

もちろん、インフルエンザや風邪等のウイルスによっても私たちはの暮らしは大変になりますよね。

 

病気をすると弱ってしまいますし、インフルエンザで命を落としてしまう人だっています。

 

 

しかし、近年それ以上に猛威を振るうのが、コンピュータに感染するコンピュータ・ウイルスです。

 

インフルエンザ・ウイルスにはA型やB型、あるいはその年に登場した新型などがありますが、それらと同じように随時その形を変化させています。

 

セキュリティの専門家が撃退に努力する一方で、どんどん新しいウイルスのタイプが出現しており、まさにリアルなウイルスと同じ性質を持ちます。

 

今回は、コンピュータ・ウイルスの進入を防ぐためのウイルスソフトについてお話します。

 

ウイルスも病気のように感染していく!?

インフルエンザってかかってしまった人ももちろん大変ですが、看病する人だって自分がうつってしまわないか不安ですよね。

 

病気のウイルスが空気感染して感染者を増加させていくように、コンピュータ・ウイルスの方もネットワークを介して、色々なコンピュータやデジタル機器に感染していきます。





 

たとえばメインのコンピュータに感染すると、ネットワークを介して、接続された末端のデジタル機器や個人のコンピュータにもウイルス感染が広がります。

 

スマホやパソコンなど、家の中でネットワークにつなげている機械が複数ある方がほとんどでしょうから、多くの方がコンピュータ・ウイルスに感染してしまうのです。

 

コンピュータ・ウイルスの脅威は、一度本格的に感染すると、その被害が誰も食い止められない点にあります。

 

shutterstock_235545604

 

コンピュータ・ウイルスという存在が世間に出現した当初は、いわゆる悪戯目的で個人のコンピュータを破壊する、攻撃型のウイルスが主でした。





 

しかし、近年では違います。

 

マシンを破壊する目的ではなく、個人のマシンを乗っ取り、それで別のネット犯罪をしたり、更には個人情報をユーザーに分からない形で外部のサーバーに送るように命令したりと、コンピュータ・ウイルス自体の行動が非常に悪質になって来ました。

 

自分は何もしてないのに、いつの間にか犯罪者になっていた…なんてことだってあるのです…!

 

まるで誘拐みたい!?ランンサムウウェアとは?

また、勝手に個人のパソコンをロックして、金銭を要求する通称ランサムウェアも脅威です。

 

ある日突然パソコンの中に入っているデータが見れなくなるのです。

 

そして「ロックを解除してほしかったら○○円支払え」というメールが届いて、支払わない限りはパソコンのデータはずっとロックされたままなのです。

 

どうでも良いデータなら別に問題ないかもしれませんが、会社の重要なデータだったり家族の大切な写真だったりしたら、困りますよね。

 

このように、本当に悪質なネットを使った犯罪があるのです。

 

shutterstock_375937840

 

コンピュータ・ウイルス対策として、非常に大事なのが、そもそも内部に侵入されない事、これに尽きます。

 

そのため、近年では多くの組織と個人がウイルスソフトでセキュリティ力を高めています。

 

ネット上には様々なコンピュータ・ウイルスがありますが、日夜ウイルスソフトの方も進化を遂げており、随時アップデートを行っています。

 

そのため、一度自分のマシンにウイルスソフトをインストールしておけば、更新とウイルススキャンの2つの対策で、危険なウイルスは内部へと入り込む前に撃退出来ます。

 

 

ウイルスソフトを入れていないマシンは、高確率でウイルス感染します。

 

ウイルスソフトの導入にはコストが掛かりますが、それを悪い意味で倹約してしまうと、自分のマシンが常に危険に晒される事になります。

 

手痛い勉強代を支払う事となるだけなので、被害に遭ってしまう前にウイルスソフトの導入をおすすめします。

 

まとめ

コンピュータ・ウイルスはいろいろな方法で進入してきます。

 

ふと拾ってみたUSBメモリを自分のPCに挿した瞬間にウイルスが進入…なんてことだってよくある手口ですよ。

 

被害に遭わないためにはウイルスソフトを入れること、怪しい外部メモリは挿入しないこと、OSのアップデートを定期的に行うことなど、セキュリティに対する意識を高めることが大切です。

 

ちなみに機能は少し劣ってしまいますが、無料で使えるウイルスソフトなんてものもありますので、とりあえず試してみたい!という方は、こちらから詳細をチェックしてみてくださいね!

Pocket

商品詳細