私の趣味マンガの描き方について紹介します!

私は昔プロのマンガ家を目指していたほど、マンガの事が大好きな人間です。

 

マンガの描き方にはデジタルとアナログがあります。

私はアナログで書く人間なので、アナログ中心にはなりますが、それぞれの書き方の違いを紹介していきます。

 

 

マンガを描くときに最初にするのが、マンガの元になるネームと呼ばれる物を作る事です。

これはデジタルの人でも紙に手書きで書く場合が多いです。

 

 

ne-mu

(発表する作品のためぼかしを入れています。)

 

 

次にネームを元に原稿に線を書く作業を行っていきます。

 

アナログ派の人間は原稿用紙にペンとインクで行います。

 

genkou





(原稿用紙はB4サイズです。)

 

 

pen

 

デジタルの人は、この作業以降を全てパソコンで処理してしまう人もいれば、下書きだけを原稿用紙にして、ペン入れをデジタルで行う人もいます。

 

線が書けると次はベタ(墨入れ)とトーン処理に移ります。

 

アナログの場合は墨入れには書道に使う墨汁を、トーン処理には





 

 

TONE

 

 

このようなシールを使います。

 

 

現在プロのマンガ家さんはこの作業からほとんどがデジタル処理に移行します。

 

なぜここからデジタルに移行するかと言うと、線を引くのはどうしてもデジタルでは表現できない部分がありますが、ベタやトーンはデジタルとアナログでそれほど差が出にくく、時間はデジタルの方が遥かに早くできるからです。

 

趣味で時間をかけれる私の場合はアナログに拘っていますが、時間との勝負のプロがデジタルを選ぶのは当然の流れです。

 

 

最期に出来上がった原稿の修正と写植を行います。

 

この作業は現状プロ、アマ問わずほとんどの場合デジタルで行われています。

 

 

かつて全てアナログだった時代と、デジタルが混在する現在では、マンガが出来上がるまでの時間に大きな差があります。

 

最近のマンガと昔のマンガを比較して、「昔のマンガは絵が下手だ。」と言う人がいますが、その原因がここにあります。

 

絵が下手なのではなく、絵に時間をかけられなかったが正解なのです。

 

 

限られた時間の中、どのように作品を作る工夫があったのか…それを考えるのもマンガを描く上で面白いのかもしれませんね!

 

 

 

Pocket

商品一覧

商品詳細