予防接種とは感染症予防に欠かせないもので、病原体の毒素を弱めて注射器などで投与するものです。


この病原体を体内に直接投与することにより、危険な感染症にかからなかったり、かかっても軽症で済みます。


その為、特に子供と老人はすすんで予防接種を受けた方が良いとされています。

 

実際、皆さんも幼い頃に沢山の予防接種を受けた記憶が有るのではないでしょうか。

予防接種を受ける最大のメリットとは?

予防接種を受ける最大のメリットは、やはり病気の予防が出来ることです。


予防接種をあらかじめ受けておくことによって、体内に抗体を作り、生命にかかわる重大な病気にかかる可能性をかなり下げることが可能です。


しかも、万が一病気にかかってしまっても症状は軽く済む場合がほとんどです。


また、予防接種を受けることによって、人から人へ病気が移ってしまうことを防ぐ働きもあります。


というのも、ウイルスや細菌は放置しておくと、周囲の人全てにふりまいてしまうことも十分に考えられるからです。

 

その為、ウィルスや細菌に侵されてしまっても個人レベルで留める為にも、予防接種で対応することは重要です。






予防接種には、自分にだけというよりも、多くの人への感染を防ぐ意味も込めて、社会全体にメリットがあると思います。

予防接種での病気予防は、こんな風に有効です

syringe-1884758_1280

例えば、インフルエンザワクチンの予防接種は、任意接種です。


しかし、任意だからと受けていないと、近しい人がインフルエンザにかかった時に、自分も感染してしまう可能性があり、実際は任意とはいえ全員が予防接種を受けた方が良いと思います。

 

例えば、予防接種を受けずにインフルエンザにかかってしまうと、かなりの日数自宅に居なければなりません。






これは、毎日予定の詰まっている学生や社会人にとって大きなロスとなりますよね。


しかも、その症状も高熱・嘔吐等といった、普通の風邪よりも辛いものです。


そこで、これを回避するために予防のワクチン注射をしておけば、こういった事態に陥る可能性は低くなります。


実際に、子供がインフルエンザにかかった時に予防の注射をしていたお陰で私はインフルエンザにかからずに済みました


もし予防注射をしていなかったら、子供の看病どころではなかったかもしれません。

 

むしろ、子供と一緒にぐったり倒れていたかもしれないんです!


そう思うとちょっとぞっとしますが、これが私の予防注射の重要性を実感した出来事でした。

予防接種を受ける際の注意点!

予防接種は非常に有り難いものですが、受ける時にはいくつか抑えておかなければいけないポイントがあります。


まず一つはスケジュールの重要性です。


特に、子供の場合は短期間でいくつもの予防注射を行う場合が多々あります。


そのような時に、予防注射と予防注射の間に適切な期間を設けられるように保護者が気をつけなければいけません。


また、一度だけでは予防注射の効果が薄いため、二度行わなければならないものもありますので、事前の確認を行い、スケジューリングすることが必要です。


二つ目は、持病がある人は受けられない予防接種がありますから、注意しましょう。


例えば、病気で免疫を抑える薬を服用中だと水疱瘡や風疹といった生ワクチンのものは基本的に受けることが出来ません。


不活化ワクチンであれば問題はありません。


このようにワクチンでも種類を確かめる必要があります。


正しい知識をもって接種することが何よりも重要だと言えます。

予防接種を正しく利用して、健康な毎日を

syringe-1573024_1280

予防接種は、正しく利用するのが第一です。


注意点をよく考慮し、さらには大きな病気を予防するためにも、予防接種を受けて健康な毎日を送りましょう。

→予防接種のさらなる情報はここから!

Pocket

商品詳細