池田泉州銀行は、戦後、地域における金融業務を担っていた地銀の1つである、池田銀行と泉州銀行が2010年に合併し誕生した銀行です。

 

新金融機関としての歴史は浅いものの、池田銀行と泉州銀行というそれぞれ2つの銀行は長い歴史を誇ります。

 

大阪府・兵庫県の阪急・能勢電鉄線沿線を地盤に持つ池田銀行、大阪府の泉州地方を地盤に持つ泉州銀行ともに、沿革としては1951年(昭和26年)に設立が行われています。

 

池田泉州銀行の規模の大きさに注目! 

池田泉州銀行の本店は大阪府大阪市北区茶屋町にあり、現在の規模は平成28年9月30日現在で、資本金613億円、預金4兆7,927億円、貸出金3兆7,519億円、店舗数138ヵ所、従業員数2,540名を誇ります。

 

店舗数、従業員数どちらを考えても、かなり大きな銀行であることがわかりますよね。

 

大阪と兵庫という関西圏でも大きな経済的影響のある府県を基盤として、着実に成長して来たのがわかります。






因みに、少し話は逸れますが、戦略の1つとなるイメージガールに兵庫県にある宝塚歌劇団の娘役スターを起用したことがありました。

 

これは、兵庫県に基盤を持っていた旧池田銀行の流れを汲んだものなんですよ。

 

このように、その地域基盤を活かした経営やイメージ戦略を展開しているのが、 池田泉州銀行の成長のカギともなっている様です。





 


実際、地域に根ざした銀行というのは好感が持てますし、地域のスターを起用すれば親しみやすい印象を受けますよね。

池田泉州銀行では、どんなサービスを展開している? 

dollar-943737_1280

池田泉州銀行では、「第3次中期計画」として、「中小企業と個人を収益基盤とし、金利以外にも確固たる収益源を持つ、高収益かつROEの高い地域金融グループ」を目標として掲げています。


現在、収益構造の抜本的変革や、地域との共存共栄を中心とする業務展開を行っており、個人、法人を問わず、様々なサービスを展開しています。


サービスは、まず、個人用としては、貯める、ふやす、そなえる、かりる、サービス、相談会・セミナーがあり、法人向けとしては、資金サポート、海外事業サポート、産学官関連、経営事業サポート、創業サポート、でんさいサービスが設けられています。


また、スマホ用アプリとして口座開設アプリやバンキングアプリを設けるなど、より高い利便性が提供されています。

 

池田泉州銀行のおすすめ金融商品はこちら!

具体的な商品としては、例えば、最も身近となる個人用の場合、「かりる」に関するサービスとして、住宅ローン、マイカーローン、目的別ローン、フリーローン、カードローンがあり、利用者は多彩なラインラップの中から自分に適した融資を選ぶことができます

 

中でも目的別ローンは、マイカー、教育関連、リフォーム、多目的、妊活・育活応援、空き家対策応援と詳細な内容が掲げられており、妊活等や空き家対策などは、今の時代にマッチした商品となっています。

 

また、多目的ローンはでは、冠婚葬祭や旅行など、使途が明確であれば融資を受けることができ、条件によって、年利4.375%か年利2.875%とどちらかの金利が適用されるなど、安く利用することができます

 

使途が無い場合には、フリーローンがあり、商品は、生活上の様々なシーンに合わせて自由に利用することができる融資となっています。

 

私も、フリーローンにはたまにお世話になっていますよ。

 

使い道が限定されませんから、気ままに利用できるのが嬉しいですよね。

 

まずは、池田泉州銀行の最寄り店舗へ 

cigarettes-621346_1280

池田泉州銀行のローンが気になれば、是非とも一度最寄りの店舗へ足を運んでみてください。


丁寧な行員さんが、あなたを笑顔で出迎えてくれますよ。

→池田泉州銀行のHPはこちら! 

Pocket

商品詳細