インテリアを考える上で、カラーコーディネートは非常に重要です。

 

というのも、インテリアにはさまざまな色が使用されていますが、組み合わせによって印象が大きく変わるからです。

 

その為、使用する色を適切に目的のイメージに合わせて選ぶことによって、調和のとれた景観を実現することができるんですよ。

 

特に、そういった意味でも、カラーコーディネートを成功させるには、色が持っている特徴を把握しておくことが非常に大切になるんです。

 

そこで、今回はカラーコーディネートの基本を、少しご紹介したいと思います。

 

是非、様々な場面でこの知識を応用してみてくださいね。

まずは、全体のベースとなる色・アクセントの色を決めよう!

still-life-838336_1280

カラーコーディネートを考える際に、まず一番初めには、構成のベースとなる色を決めておくことが大切です。

 

構成のベースとなる色とは、床や壁といった表面積が大きな部分に使う色のことです。

 

それらは、視界に入る色のうち7割ほどを占めることもあります。





 

その為、空間の印象を決める基本になるので、選択を誤るわけにはいきません。

 

さて、そんな重要な要素である構成のベースとなる色の選び方もお伝えしましょう。

 

この色には、基本的にはベージュ系などの落ち着いていて、かつ主張し過ぎない色を選択して、統一感が出るように心がけると良いです。

 

又、ベースと反対の意味を持つアクセントの色使いもカラーコーディネートのポイントの一つです。

 

というのも、ベースにこだわって無難にまとめすぎると、部屋が退屈な印象になってしまうからです。





 

その場合には、存在感のあるワンポイントのアクセント色を施すことで、部屋全体に元気な印象を与えることが出来ますから試してみてくださいね。

 

さて、アクセントを付けるコツは多少大胆になっても気にしないということを忘れないようにしてくださいね。

 

アクセントになる色は、ぱっと目立つ色でないと意味がありません。

 

例えば、ベースと同じ系統の色を使うと、アクセントとして目立つ事が無く、全体の印象を変えることは出来ないでしょう。

 

全体のバランスをとったり、引き締めたりする色として、アクセント色は重要な要素です。

 

多少の冒険はしたほうが良いですよ。

暖色と寒色の使い分けには注意!

ベースの選び方と同様に重要になるのが暖色と寒色の使い分けです。

 

色は大きくこの2つの系統に分けられますから覚えておきましょう。
暖色とは赤や黄色に代表されるように、炎や太陽などを連想させるものです。

 

視覚的な暖かさがあるのはもちろんですが、心理的にもリラックスした影響を与える効果があります。

 

ただし、あまりにも使いすぎると、圧迫感が出たり暑苦しく感じたりするケースもあるので注意しなければなりません。

 

例えば、私は以前、氷などをイメージさせる寒色を選んでいました。

 

これは視覚的に冷たい印象を与える効果があり、夏場は涼しく感じることもありました。

 

しかし多く使用しすぎると、冬には寒さを感じやすくなり、すぐさま暖色系の色を追加(笑)。

 

暖色と寒色の使い分けで、こんなにも影響が出るんだ!と思い知りましたよ。

 

光の影響も考えて、バランスをとろう

また光の影響を考慮することも忘れてはいけません。

 

たとえば採光が十分な部屋であれば、暗い色を中心にしても良いでしょう。

 

しかし採光が不十分な部屋の場合は、暗い色は控えるのが基本です。

 

部屋全体が重苦しい雰囲気になってしまいます。

 

少ない採光で部屋を明るくするには、明るい色のインテリアを中心にしなければなりません

 

しかし反射しやすい素材を選んでしまうと、眩しくなるなどの弊害が生じてしまいます。

 

部屋の条件を考えて、カラーコーディネートを楽しもう

curacao-1467575_1280

部屋のカラーコーディネートで大切なのは、好みだけで決めずに、あらゆる条件を考慮することです。

 

部屋にどんな要素があるのか、丁寧に観察することによって、あなたの部屋に一番ふさわしい色を選ぶことが出来ますよ。

 

→カラーコーディネートならここで情報集めを!

Pocket

商品詳細