AIGとはアメリカンインターナショナルグループの略です。

 

このグループは、アメリカに本社がある世界的な保険会社のグループなんですよ。

 

そして、そのグループの生命保険会社として日本で登録をしている会社が、AIG富士生命です。

 

皆さんも、一度はこの会社名を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

■AIG富士生命の特徴は?

AIG富士生命の特徴は、他にはないユニークな生命保険を販売しているところにあります。

 

そのため、AIG富士生命の保険にしっくりくる方には、とっても相性の良い保険会社の様です。

 

また、この生命保険会社の親会社は日本国内の損害保険会社です。

 

そのため、AIGといった外資系の会社の傘下に入っていながら、日本国内にある損害保険会社が親会社、といった他の会社とは少し違った成り立ちの生命保険会社であることも注目してみてください。

 

従来、この生命保険会社の商品の販売方法は、代理店による販売を主として来ていました。

 

しかし、2012年からインターネットを使った生命保険の販売を行うようになりました。





 

ますます多くの人がインターネットを通して安く質の良いものを手に入れる様になっていますから、このインターネットで保険を販売する、という販売戦略は時代の流れを的確に読んだ経営方法だと思います。

 

こんなユニークな経営手法を取り入れるところも、AIG富士生命が他とは少し違う所以かもしれません。

AIG富士生命の保険はどう? 

さて、ユニークな個性が売りのAIG富士生命ですが、その肝心の保険内容はどうでしょうか?

AIG富士生命が販売する生命保険は、がん保険や医療保険などを主としたもので、AIG富士生命は第3分野といわれている保険の販売を主として行っています。





 

特に、AIG富士生命の生命保険の中で「低解約返戻金型終身保険E-終身」と「がんベスト・ゴールドα」が生命保険の専門家からも高い評価を得ており、注目したいところです。

 

そこで、第3分野の保険販売に力を入れているAIG富士生命の保険についてさらに詳しくご説明しましょう。

 

「低解約返戻金型終身保険E-終身」の魅力

低解約返戻金型終身保険E-終身保険は、日本国内でも返戻率の高さが大変高い貯蓄保険として捉えることができる終身保険です。

 

保険料の払込期間中に解約してしまった場合は払戻の額が低くなってしまいますが、保険料を払込期間が終わり満了した場合は返戻率が大変高くなります。

 

その為この保険のメリットは、保険料を安くすることができ、しかも返戻率が高いことです。


特に利回りも含めて考えると日本国内で最も優れた貯蓄保険なのです。


実際、私もこの保険に入っていますが、選ぶ際はやはり返戻率が決めてでした。


他の保険と比べると高い率で返戻してもらえるので、今からお金をどう使おうか楽しみなんです。

「がんベスト・ゴールドα」の特徴は?

flower-2071522_1280

また、がんベスト・ゴールドαは、商品改定が行われ少し内容に変化がありましたが、いまだにコストパフォーマンスに優れているがん保険です。

 

このがんベスト・ゴールドαの内容は、保険料が割安になっていますが、給付金が何度でも受け取ることができ、保険料免除や先進医療特約や上皮内癌の保障など、日本国内のがん保険の中でも優れている終身型がん保険なのです。

 

AIG富士生命は保険も評価も優秀なんです

flower-747367_1280

AIG富士生命は、社員数は約500名程で規模は大きくありませんが、この保険会社の保険に加入している人たちからは高い評判を得ている保険会社です。

 

AIG富士生命は、加入を考えている人たちの立場に立ったサービス内容を行っているので、優れた保険と共に評価の高い会社です。

 

→AIG富士生命の保険なら、ここからチェック!

Pocket

商品詳細