火災保険は万が一の火災に備えて加入するものなので、ほとんどのご家庭が家と家財道具に保険を掛けていることと思います。

 

というのも、不慮の事故で生活に支障を来しても、保険金を受け取ることによって、再び自分たちの生活拠点を築き直せるということになるからです。

 

しかし、火災保険を巡る現在の状態は、火災に限定したものではなくて、家や家財に関係する、あらゆるリスクに備えるものとなっているので、この点は注意が必要です。

 

火災保険では、何がカバーされるの?

home-2147140_1280

火災保険でカバーされるのは、失火やもらい火による火災、落雷、ガス爆発などによる破裂・爆発、

風災・雹(ひょう)災・雪災による窓ガラスや屋根の破損、給排水設備に生じた事故などによる水濡れ、





泥棒に窓ガラスを割られたなどの損害や家財の盗難、

台風や集中豪雨による川の氾濫などによる水災、

自動車の飛び込みや不注意による破損・汚損といった具合です。





 

それに、最近では地震が原因となる火災による建物消失、あるいは火災でなくてもの建物損壊や家財損壊、さらに地震による津波での被害などもカバー出来るようになっています。

 

つまり、最近の火災保険は、総合的にカバーできる、至れり尽くせりの内容になっているんです!

何でもカバーしてくれるけど、保険料もその分高くなってます!

火災だけでなく、天災等何でもカバーしてくれることが火災保険のメリットです。

 

しかし実は、それ故に保険料が高くなっているということは認識しておく必要があります。

 

実際、私もいくつか火災保険を比較していますが、色々カバーしてくれる分高い保険料を掛けなければならず、少し疑問に思ったりすることが有ります。

 

だって、カバーしてくれる火災や天災に、必ず遭遇するとは限りませんからね。特に、津波等は、地域によっては全く関係ない場所もあるのではないでしょうか?

 

掛けるべきものに保険を掛ける、という大原則に戻ろう

house-1834826_1280

保険料をお得に、かつ必ず保障してほしいものは踏まえて火災保険を選びたい時は、「掛けるべきものに掛ける」という原則に戻ることが大事です。

 

たとえば、マンション住まいの場合は、大雨や洪水で床上浸水したり、建物や家財が損害を受けるということは1階以外はほとんど考えられません。

 

逆に、戸建ての場合は、上の階からの水漏れで部屋や家財が水びたしになるということは想像できません。自動車の飛び込み被害なども、立地条件などで不要なことがあります。

 

これら不要項目を保険の対象外にすれば、もちろん保険料は下がります。

 

その為、出来るだけ多く広くというオーバースペックは止める方が、本当の保険の目的に合っているんだと思いますよ。

保険を掛けているなら、もらうべきものはもらおう!

さて、本当に必要なものに保険を掛けたら、その後「もらうべきものはもらう」ということも忘れてはなりません。

 

自分で掛けた保険である以上は、何か家回りのことで問題があって損害が発生したような場合は、保険約款を見直し、保険会社に問い合わせれば保障の対象になるかもしれないからです。

 

特に、前述の上の階からの水漏れ被害などはうっかりしがちですし、泥棒被害などもあきらめがちです。

 

自然災害は保証されないというような思い込みが災いすることもあります。

 

風呂の空焚き被害は少なくなっていますが、これも火災保険の対象です。

 

その為、あきらめずに、めんどくさがらずに、もらうべきものはもらう!という姿勢でいることが大事なのです。

 

保険の大原則に立ち戻って、有意義に保険を利用しよう

保険は、いつ起こるかわからないものにお金を掛け、お守り程度にしか考えていない方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、保険の大原則である掛けるべきものに掛け、もらうべきものはもらうということを忘れずにいれば、保険はお守り以上のとっても便利なサービスになります。

 

しっかりと何が必要なのか、何の目的なのかを明らかにし、有意義に保険を利用してくださいね。

→火災保険の見直しはこちらから!

Pocket

商品詳細