「がん保険」は、一言では言い表せない程バリエーションが多く、進化を遂げている保険ですね。


その為、がん保険に加入する際には、自分がどんなものに備えたいのかを明確にしておかないと、自分がどんなものに加入すればいいかがわからない場合も多いかもしれません。

 

逆に言えば、明確になっていれば、自分が備えたいと思えるものにしっかり入る事ができる保険なのです。

 

がん保険の種類色々 

がん保険といっても種類は多く、入院に備えるもの、手術に備えるもの、抗がん剤に備えるもの、抗がん剤の痛みを抑制するための薬物治療に備えるもの、先進医療に備えるもの等と、多岐に渡ります。

 

その中で、自分に必要なものを選び取る為に、ある程度の知識を備えておく必要があります。


実際、私も初めてがん保険をを選ぶ際には、しっかり勉強してから挑んだものです(笑)。


今回は、その知識も活かしながら皆さんと情報を共有したいと思います。

がん保険の特徴を理解して、比較出来る様にしよう

peonies-806580_1280

がん保険には特徴となる項目がありますから、それらを良く理解して、実際比較出来るようにするのが重要です。





 

がん保険の一つ目の特徴は入院に対して保険金が支給される日数です。

 

一般的に入院保険は何日でも支給されるわけではなく、日数制限が設けられています。

 

しかしがん保険の入院に関しては日数無制限であることがほとんどです。

 

二つ目の特徴は先進医療です。医療保険にも先進医療の項目はありますが、先進医療がよく使われたり、治療方法のひとつとして挙がりやすいのはがんの治療の際なのです。


なので先進医療は絶対に欠かしてはいけない重要な項目といえます。





 

先進医療への保障をチェックする際の注意点

先進医療を保障してくれるがん保険を選ぶのは、とても重要なことです。

 

しかしながら、医療保険かがん保険、このどちらかで先進医療を備えていればもしもの際にしっかり適用されます。

 

しかしここで注意点があります。

 

加入している保険で、先進医療が最大でいくらまでカバーされるのかに着目しておく必要があることは忘れないようにしましょう。

 

というのも、今の先進医療は大抵2000万円までが常ですから、2000万円まで保障されるかどうかが重要になります。

 

覚えておいてくださいね。

がん保険では、備え方も重要です

leaves-15757_1280

さて、話をもどしてがん保険の特徴的な項目をもう一つご紹介しましょう。

 

先ほどは、二つの特徴をご紹介しましたが、その次三つ目の特徴には備え方を挙げたいと思います。

 

「がん」とういうと、治療費がかさんだり、一度にかかる金額が大きい事が想像できるでしょう。

 

そこで保険の持ち方で迷うのが、一時金で大きく備えるのか、それとも、入院なら入院、手術なら手術、抗がん剤なら抗がん剤と、項目別に備えて置くのかということです。

 

そこで、一時金で大きく備えておく方法にはメリットとデメリット(注意点)がありますから、ご紹介しておきます。

 

この方法のメリットは、一度に大きな金額を受け取ることができ、安心感のあることです。


例えば、受け取ったお金を自分達でどう使うかを決めることができるので安心ですよね。


一方、一時金で備える際のデメリットは、『初めてがんと医師により診断された時』と条件があることです。


その為、再発の際は支給を受ける事は出来ませんし、診断されない限り何も得られないのです。


この点にはしっかり注意してくださいね。

がん保険の特徴を上手く捉えて、よく検討しよう

がん保険の特徴を踏まえたうえで、自分はどんなものに備えたいのか、どう備えたいのかを、家族も交えて、しっかりと考えてみることがとても大切です。

 

万が一の際に困らない様に、よく検討して最適ながん保険を選んでみてくださいね。


→がん保険の比較はこちら!

Pocket

商品詳細