皆さん、「リップルコイン」という名前を耳にしたことはありますか?

 

リップルコインとは、XRPというコインを用いて行われる決済サービスです。

 

一般的な通貨において取引の際には時間的な制約がかかってしまったり、手数料がかかってしまったりといった問題がありますが、リップルコインではそれらのデメリットがほとんどなく取引が可能なのです。

 

そんな新しい通貨リップルコインについて、もう少し詳しくご説明致しましょう。

リップルコインとビットコインの違い 

まず、リップルコインとは何か?をご説明するまえに、ビットコインに言及する必要があります。

ビットコインとは、リップルコインと同じような位置付けの決済サービスです。

 

ビットコインは、トランザクション速度や法定通貨とのインターフェイスの点でリップルコインより優秀ではあります。

 

一方、リップルコインでは最初に上限量が1000億と決められており、利用するごとに減っていくという珍しいシステムが採用されています。

 

これは人々が取引を行う中で手数料分のごく僅かな量が減少していく仕組みです。

 

つまり、人々が取引を行えば行うほどコインの価値が上がるということです。





 

ただ、リップルコインの減少量は極めて少ないため、短期間での取引に関してはあまり考慮しなくても良いと思います。

リップルコイン特有の、「IOU」という概念を理解しよう

リップルコインを語る上で絶対の外せないのがIOUという特有の取引概念です。

 

IOUとはI owe youの略であり、直訳すると「あなたに私は借りがある」という意味です。

 

これはこのコインが信用できる個人間のみで取引できることを示しています。

 

具体的には、個人同士でいくらまでリップルコインをやりとりするかを決めておきます。





 

強く信用していれば高額に設定でき、まだ様子を見たい時は少額に設定することも可能です。

 

その枠の中であれば支払いを自由に行うことが出来ます

 

支払いはインターネット上で行われるため、もちろん取引相手と対面する必要もありません。

 

リップルコインで取り引きをする際のリスクも考慮しよう

ただ、相手の信用次第で枠を決めるということは、逆に注意を払っておかなければならないポイントでもあります。

 

リップルコインでは取引相手が破産した際などの保証を行っておらず、高額の取引をしていた相手次第では大きなリスクを伴うのです。

 

その為、最初は少額での慎重な取引をおすすめしますよ。

 

投資にぴったりなリップルコイン  

savings-box-161876_1280

リップルコインは、資産運用での投資先としては手数料がほとんどかからず、柔軟な取引が出来るので、その分メリットが大きいのが特徴です。

 

もちろん、預金金利のように保持しておけば必ず増えるわけではありません。

 

しかし、昨今では定期預金ですら極めて低い金利となっているので、リップルコインで投資を行うことも無駄ではないんです。

 

しかも、リップルは決済サービスであるため、為替レートを見極めることで通貨を変換し、利益を出すことが可能です。 

 

リップルコイン入門、してみませんか? 

treasure-160004_1280

リップルコインというと、まだまだ知名度は低いかもしれませんが、れっきとした通貨としてその地位を確率しつつあります。

 

私も、以前は全く知りませんでしたが、有効な投資先として検討していますよ。

 

特に、ドルや円等の通貨と違って、世界中どこでもその実力を発揮するすごい通貨、という認識を持っています!

 

今から目をつけておいて、ゆくゆくは大金持ちに・・・なんてもくろみも(笑)。

 

みなさんも、今からリップルコインに入門して、十年、二十年先を見据えたリップルコイン投資を行ってみませんか?

→リップルコイン入門はここからどうぞ! 

Pocket

商品詳細