ペットを飼育している人であれば、一度はペットを連れて病院にかかったことはありますよね。

 

その時に、治療費が人間に比べて高額であると感じませんでしたか。

 

特に、ペットには人の様に健康保険制度がないですから、否が応でも治療費は高くなってしまうのが現状です。

 

人の病気の治療でも、保険が適用されなければ、同じように治療費は高額になるのですが、


日本では健康保険制度が発達しているという事もあり、健康保険制度の無いペットの治療費に対して高額に感じられるようです。

 

そこで、今回はそんなペットの医療費をカバーしてくれる、ペット保険についてご紹介します。

 

治療費負担を減らす為に!ペット保険が人気です 

最近、ペットの病気時の治療費負担を軽減する方法として注目されているのがペット保険です。

 

現在は、以前に比べると、ペット保険の業者が増え、保険費用や対象となる治療内容などに様々に違いがあります。

 





そこで、ペット保険に加入するという場合には、いくつかの業者を比較することが大切になります。

 

この場合、保険によって加入条件が異なるため、注意が必要です。

 

特に若いペットであれば、どのような保険でも加入することが出来るでしょうが、ある程度の年齢である場合や既に何らかの疾患があるという場合には、申し込みをしても加入することが出来ない可能性があります。

 

そのため、ペットのためにも、加入出来る年齢であるうちに、ペット保険をよく調べておくのが大事になるんです。

 





ペット保険に加入する際にチェックするべきこと(1)契約更新

cat-1779781_1280

さて、ペット保険を比較する際に、チェックしておきたいことをお話しましょう。

 

基本的にペット保険は1年間の掛け捨て保険です。

 

その為、契約後1年を経過した時点で、更新をすることが出来るかどうかの審査が行われます。

 

1年間の保険請求額が高額である場合や継続した治療が必要となる疾患を抱えているという場合には、更新をすることが出来ない可能性があります。

 

更新については、保険会社によって考え方に違いがありますので、契約をする前に規約などをしっかりと確認をすることをおすすめします。

 

ペット保険に加入する際にチェックするべきこと(2)保険料の請求方法

保険料の請求方法は、動物病院によって異なります。

 

保険会社と提携している動物病院である場合には、その場で支払い負担が軽減される場合もありますが、提携していない動物病院で治療を受けた場合には、一旦全額を支払い、その後保険会社に請求をすることで、治療費の負担を軽減することが出来るという場合もあります。

 

請求方法についても、保険会社により異なりますから注意しましょう。

 

ペット保険に加入する際にチェックするべきこと(3)ペットの種類 

ペットと一口に言っても、一般的や犬や猫の他に鳥や爬虫類、げっ歯類を飼育しているという人も多くなってきていますよね。

 

しかし、ペット保険が対象としているペットは、犬や猫をほとんどが対象としており、爬虫類や鳥類、げっ歯類については、全ての保険会社が対象としているわけではありませんので、注意が必要です。

 

あらかじめ対象となっているペットなどを加入前に確認しましょう。

 

まずは、資料請求から!満足するペット保険を探そう 

baby-decoration-2024311_1280

ペット保険は様々に有りますから、まずは資料を請求し、比較することがおすすめです。

 

実際、私は数社分の資料を請求し、何日もかけてペット保険を選んだ記憶があります。

 

そのおかげで、自分の満足するペット保険に加入出来、大好きなペットの保険料を支払うことが出来ました!

 

皆さんも、丁寧に比較検討してこれ!というペット保険を見つけてくださいね。

 

→ペット保険の資料請求はこちらから

Pocket

商品詳細