第四銀行は、株式会社に分類される企業で、新潟県に本店を置いている地方銀行です。


設立は1873年と、明治時代に遡る程の歴史があるんですよ。

 

また、名前に数字が入っている銀行の内、現存するのは第四銀行が日本最古に該当するそうです。

 

第三の名前が付く銀行は今でもありますが、第一と第二が付く国立銀行は既に過去の存在で、今でも残っている名前は限られます。

 

順番的には、三番目に設立された銀行ですから、数字と順番が合っていないのは面白いトリビアかもしれません。

 

今回は、そんな第四銀行のことを皆さんにご紹介したいと思います!

第四銀行は、長い歴史の中で実績豊富

全国規模では、比較的規模の小さい第四銀行ですが、地元や近隣地域においては大きめです。


更に、地域の経済を引っ張るリーディングバンクの地位にあるので、その影響力は無視出来ない程と考えられます。


第四銀行は、元々は国立の銀行なので、古くから銀行券の発行に関わっていたり、時代の変化に対応したりと実績が豊富です。

 

そのため、今でこそ株式会社の一つに過ぎませんが、銀行の中では歴史のある重要な存在ですし、新潟となれば第四銀行は地域にとって特別なんですよ。





 

第四銀行の歴史は?

大正時代に入ると、新潟県内の銀行は次々と第四銀行に吸収合併され、どんどん組織が大きくなりました。

 

第四銀行が合併のベースとなったのは、同行が国にとっても重要な位置付けにある銀行で、経済を担う責任があると判断されたからだと思います。


1973年には東京証券取引所に上場を果たし、以降も着々と実績を残しています。

第四銀行のブランディング

money-473665_1280 (1)


第四銀行は子会社化している企業が多く、その殆どに第四の名前が入っています。






これは、銀行名が秘めているブランド力の現れで、名前を付ける価値があることを意味します。


イメージアップの面では、時代にあったタレントを起用したり、地域の出身者をイメージキャラクターに抜擢しています。


近年では、全国区のアイドルを起用する等、若者向けのイメージアップも図っているのが特徴です。

 

地元出身のアイドルグループですが、知名度的には全国クラスですから、CMに抜擢しているのは話題性の意味で良い選択だと思います。

 

実際、私も第四銀行の若者向けアピールがあったからこそ、この銀行を利用しています。


やはり、歴史はあれどフレッシュな感性を持つ銀行となら取り引きしたいと思えたのです。


しかも、銀行に行く度に注目の若手アイドルをチェックできるのは楽しいものですよ。

やっぱり頼りになる!第四銀行


イメージ戦略に柔軟性はあるものの、逆に経営方針は堅実で、地域と地方の経済を担っている点を評価出来ます。


しかも、第四銀行では大切なお金を預けて増やすだけではなく、ローンを借りたり保険で出費に備えられるので、生活の全面において頼れる選択肢となるでしょう。

 

銀行業務に関しては、ATMの充実が図られインターネットバンキングも提供されていたりと、利用の機会は思ったより近くに存在しますよ。


私も、第四銀行ではインターネットバンキングがとっても便利で、お世話になっています。


やはり、時間を選ばず取り引きできるのはとっても有り難いですね!


第四銀行ならではのきめ細かいサポートのおかげで、以前よりもお金と仲良くなれている気がします。

第四銀行のことをよく知って、さらに信頼を深めよう

pound-414418_1280


第四銀行の名前を何となく知っていた方も、銀行名の由来や歴史に目を向けて理解が深めると、第四銀行が如何に信頼できる存在かお分かり頂けたかと思います。


地元をささえる第四銀行を、これからも応援してあげてくださいね。

→第四銀行についてもっと気になる方はこちら

Pocket

商品詳細