皆さん、「トーア再保険株式会社」はご存知ですか。

 

 

トーア再保険株式会社とは、東京都千代田区に本社を置く、日本の保険会社です。

 

 

日本の保険会社、といっても近年は国際的に活躍もしていたりと、今注目の存在なんです。

 

 

トーア再保険株式会社の歴史

トーア再保険株式外車は、総合再保険を取り扱う会社として日本国内で唯一の存在です。

 

 

その前身は1940年に創立された東亜火災海上再保険株式会社でした。

 

 

東亜火災海上再保険株式会社自体は国内の損害保険会社が共同出資して創立したもので、これは各社の再保険に対するリスクを軽減するためのものです。

 

 

1947年に再保険を専門的に取り扱う会社となり、1952年からは業務拡張の一環として海外再保険の取り扱いも開始しました。

 

 

そして1982年にThe Toa-Re Insurance Co., of Americaとして子会社を設立。

 

 

この子会社は1997年に他社と合併し、The Toa Reinsurance Co. of Americaとなっています。

 

再保険専門の会社としての活躍

live-1532301_1280





トーア再保険は日本では珍しい再保険専門の会社です。

 

 

国内に限定せず、海外の生命保険、損害保険、再保険も取り扱い、引き受けを実施しています。

 

 

日本の損害保険会社が共同で創立した経緯から、現在でも株式の多くは国内損害保険会社が所持しており、1997年にはReinsurance Company of the Yearも受賞。

 

 

2002年にはThe Toa 21st Century Reinsurance Co. Ltd.としてさらに子会社を設立しています。

 

 

国際的な一面にも注目!

トーア再保険株式会社は、1975年に開設されたロンドン駐在員事務所を皮切りに、





 

 

 

香港やニューヨーク、シンガポール、さらにはクアラルンプールにも駐在員事務所を置くなど、

 

 

 

アメリカやヨーロッパ圏のみならずアジア方面についても幅広い展開を見せています。

 

 

2000年には台北の駐在員事務所が開設されることになり、さらにアジア圏の事務所や支店を増やしています。

 

 

再保険についてのセミナーも充実

一般にはあまりなじみのない再保険を取り扱う会社として、随時セミナーなども実施しています。

 

 

損害保険の元受となる各社や共済団体に向けたセミナーも多く、再保険の担当者を対象とした再保険入門コース研修会も実施し、再保険についての知識を広めるために活動しています。

 

 

このセミナーについては日本国内だけではなく海外支社などでも開催し、現地において日本の再保険の知識を深めるための一助となっている様です。

 

 

また、英文論文集の発表や、連結ソルベンシー・マージン比率の発表など、公式ホームページ上においても数値の発表を行うなど、きめ細かな活動を行っているのも特徴となっています。

 

 

実際、私も仕事の関係上再保険について調べていた時期がありましたが、トーア再保険株式会社のホームページでは、とても解り易く解説されているので大変役立ちました。

 

 

 

しかも、論文発表等で独自に研究している姿勢も、再保険の一端を担う会社としての真剣な姿勢が伺われ、好印象ですね。

再保険ならトーア再保険株式会社、と覚えておこう!

family-2073600_1280

再保険・・・というと、一般の方にはなかなか馴染みが無いかもしれません。

 

 

 

しかしながら、いつお仕事で再保険の話が出て来るかわかりませんよね。

 

 

 

 

そのため、一般常識として、国内の唯一の再保険会社であるトーア再保険株式会社を知っておくのも有用ではないかな?と思います。

 

 

 

 

自社のため、取引先との話題のためにも、「トーア再保険株式会社」という名前を覚えておきましょう!

→トーア再保険株式会社のHPはこちら!

Pocket

商品詳細