「農中信託銀行」って聞いた事はありますか?

 

 

私は、つい最近までよく知りませんでした・・・汗。

 

 

しかし、事情あって農中信託銀行でお世話になることになったので、せっかくですからみなさんにもこの知識をお伝えしたいと思います。

「農中信託銀行」って、何をやってるところ?

「農中信託銀行株式会社」とは、農林中央金庫100%出資の信託銀行として1995年に設立さた信託銀行で、営業所は東京都千代田区にある本店のみです。

 

 

平成27年度末(平成28年3月期)の信託財産 残高は12兆6, 0 9 9億円、経常利益については1, 0 5 3百万円、自己資本比率は 1 8 1. 1 2%となっています。

 

 

 

農中信託銀行の主要な業務内容は、

 

 

農林中央金庫・グループ各社と連携した系統団体等機関投資家への運用商品の提供と、

 

 

信託機能を活用した企業等取引先への資金調達・資金運用の提供、

 

 

および系統内代理店業務等を通じた JA 組合員への信託機能の提供です。

 

農中信託銀行の、資産運用業務


農中信託銀行の資産運用業務では、





 

ファンドトラスト(指定金外信託)を通して、ポートフォリオ分散・リスクリターン改善に寄与するオルタナティブ 商品を提供したり、

 

顧客のポートフォリオ資産の有効活用手段として有価証券の信託を提供も行っています。

 

 

また、証券管理事務では、顧客の事務負担を軽減するために、証券管理事務ノウハウを特定金銭信託および特定金外信託という商品で提供し、顧客の有価証券投資を管理事務面でもサポートしています。

 

 

また、再信託により管理事務の一部をアウトソーシングし業務の一層の効率化を進めているんですよ。

不動産関連業務もあるんです!


農中信託銀行には不動産関連業務もあります。





 

 

こちらでは、拡大してきた不動産証券化市場において、不動産鑑定士や一級建築士等の専門的な人材を活用し、不動産管理信託および不動産特定金外信託を通じ、不動産あるいは不動産ノンリコースローン等の信託財産の管理ならびに信託サービスの提供を行っています。

 

 

また、不動産デットファイナンスのアレンジメント業務を通じ、投資家に運用商品の提供を行っています。

 

債権流動化業務で、法人の資産運用をお助け

cuba-1116429_1280


農中信託銀行には債権流動化業務というものがあります。

 

 

ここでは、法人の顧客の財務戦略やリスクコントロールのニーズに応えるため、金銭債権の信託および指定金外信託等の形で、法人の顧客が保有する資産を裏付けにした投資商品のアレンジメントや信託財産としての管理を行っています。

 

 

対象となる資産は、手形・売掛債権、リース料債権、割賦債権、企業向け貸付債権、住宅ローン債権等多岐に渡っています。

 

 

こうして、顧客の資産流動化ニーズに応えると同時に、投資家に対しても運用商品の提供を行っているんです!

組合員へのサービスも充実


農中信託銀行では、JAの組合員に対する遺言信託・遺産整理業務も行っています。

 

 

全国で67の JA、信用農業協同組合連合会(信農連)が遺言信託代理店として、要望・相談を受け付けています。

 

 

また、農中信託銀行は JA や信農連と連携しながら、土地信託、特定贈与信託、公益信託という信託機能の提供により、 組合員への要望に対応しています。

 

 

私は、JA組合員なので、このサービスには大分お世話になっています。

 

 

遺言信託の相談が気軽に出来ますし、いざと言う時のための的確なアドバイスを貰えるのは心強いです。

 

今では、身内よりも頼ってしまっているかも・・・笑

 

冗談抜きでも、本当に頼れるサービスで安心感があるんですよ。

 

農中信託銀行で、安心の取り引きを行おう

coins-1687939_1280

 

農中信託銀行は、農林中央金庫100%出資の安心感から個人的におすすめの信託銀行です。

 

資産運用に迷われている方には、絶対おすすめ!

 

是非一度、チェックしてみてくださいね。

 

農中信託銀行の情報は、ここからチェック!

 

Pocket

商品詳細