突然ですが、アメリカでの有名なジョークにこんなものがあるのをご存知ですか。

 

A:「世界で最も大きな建物は?」

B:「それはビル・ゲイツだ」

 

このジョークの中で、「建物」=「ビル」であり、「最も大きな」=「最も金持ちの」という意味です。

 

つまり、マイクロソフトのビル・ゲイツさんを大きな建物をかけているんですね!

 

私が御伝えしたかったのは、このようなジョークが知られるほどの大物、ビル・ゲイツさんのことです。

 

そして、彼の成功の最大の要因は、彼がマイクロソフトのトップであり、世界中にWindowsシステムやExcel・Wordを普及させたビジネスマンであることでしょう。

 

マイクロソフトの強みって何??

nokia-623939_1280

世界的に有名なマイクロソフトの大成功の秘密は、ブランディングに天才的な強みを発揮したことにあります。

例えば、「パソコンを使う」という言葉の意味を考えてみましょう。





 

今日において、それは「WindowsというOSがインストールされたパソコンを使う」ということを自然と意味しますね。

 

さらに、マイクロソフトによるExcel・Wordは業界のデファクト・スタンダードであり、例えば今日会社でデスクワークを行なうとするならば、これらのアプリケーションを使えないとしたら話になりません。

 

つまり、マイクロソフトは彼らの商品を、パソコンに無くてはならないものと位置づけたところでそのブランド力を発揮しているのです!

パソコンという万人の必需品に、必ずインストールされている!

windows-1859187_1280

パソコンは、私たちの日常生活を実に便利にしてくれますね。





 

そこで逆に、「私はパソコンなどは使わない」という人がいたら、それはある種、世捨て人のように思われてしまう程です。

 

一度このような状況を作り出してしまえば、業界のデファクトスタンダードをOSとアプリケーションで押さえてしまうことができますから、マイクロソフトがビジネスとして大成功するのは当然なんです。

 

マイクロソフト反対派もいます


しかし往々にして、世の中にはデファクトスタンダードというものに対し疑問を差し挟む人も少数ながら存在します。

 

彼らの言い分は、マイクロソフトのビジネスの有り様は独占禁止法に抵触するのではないか、という問題意識から発せられています。

 

例えば、一般のパソコンは、常にWindowとセットで販売されていますし、Excel・Wordをプリインストールされていなければ、消費者はそのパソコンを買いませんから、事実上の独占状態ですよね。

 

しかし、こんな状況の中でも、アンチマイクロソフト派も少数ながら存在するんです。

 

アンチマイクロソフト派は、高価なMacを買う意地っ張り達

さて、そんなアンチマイクロソフト派は、では何を使っているのでしょうか。

 

 

実は、彼らこそがApple ComputerのMacを愛用している人達です。

 

 

Macの販売価格は、おそらくWindows搭載の普及パソコンに較べれば、数倍の価格で、とても高価です。


しかし、「どうしてもMacでないとイヤ!」、というアンチ達は、そこの高級品をこぞって手に入れています。

 

 

彼らにとっては、Macは「Mac」という名の製品であり、パソコンでは無い、という考えのもとMac崇拝を行っているようで・・・

 

 

パソコンを取り巻く環境も、実はマイクロソフト一辺倒では無い様です。

まずは一度、マイクロソフト製品をチェックしてみよう

ここまでお読み頂いたみなさんには、まずはマイクロソフト製品をチェックするのをおすすめします。

 

 

もちろん、始めからMacの方も是非!笑

 

 

何を支持するにしても、一番多くの方に支持されているものを知るのは重要です。

 

 

私自身はマイクロソフトユーザーですが、毎日マイクロソフトオフィスを使っているのに、そのソフト自体については何も考えたことが有りませんでした。

 

 

しかし、ある日思い立ってマイクロソフトについて調べてみたところ、なんでこんなに沢山の人に受け入れられているのか、そしてどんな工夫が為されているのか、良く解ってさらにマイクロソフトが好きになりました(笑)

 

 

是非皆さんも、一度マイクロソフト製品の世界を覗いてみてください。

 

 

→日本マイクロソフトの情報はここからチェック!

Pocket

商品詳細