今でも、人間ドックと言えば一部のお金持ちが利用する医療サービスであると思っている方もいらっしゃる様です。

 

しかし、現在人間ドックは非常に安価に利用することができるサービスに変化してきており、一般人であっても利用しやすい形に生まれ変わってきていると思います。

 

しかしながら未だ健康保険の適用対象外なので、比較的高額に思える医療費を必要とする点については変わらないのも事実です。

 

それでも、健康をお金で買う事はできないと言う意識の高まりに相まって、病気になる前から自発的に検査を受けることで大きな病気の早期発見に繋げようと考える人が増えてきているんですよ。

 

人間ドックって何?何をするの?

blood-pressure-monitor-1749577_1280

一口にドックといっても、そのサービスを利用する医療機関によってその内容はまちまちです。

 

内容の充実度についても、利用料金によって大きく違うというのが現実です。

 

最もスタンダードなドックの相場としては30,000円程度が標準とされています。

 

人気のドック内容は。胃がんの早期発見を目的としたバリウムを飲んで行う胃部X線検査や胃カメラといった検査や、腹部の臓器を超音波を利用して検査する腹部超音波検査などが含まれているものなどです。

 

この様に内容が一種類でないのは、厳密な意味で人間ドックとは何を行うものかと言う定義が存在せず、医療機関側がドックであると言えば良いだけ、という事情もあります。





 

人間ドックの補助金を利用できるかも!

doctor-37707_1280

近年ではこのようなドックを定期的に受けることが大きな病気を予防することに貢献していると言うことを多くの人が認めるようになってきました。

 

実際、私の父も人間ドックによって胃がんを早期発見した人のひとりですが、ステージが初期のものだったため、少しの治療で済んだ事に、父は人間ドックに命の恩を感じているほど(笑)

 

 

笑い話にしてしまっては良くないのでしょうが、あの父があんなに感謝するとは思わず・・・

 

 

それほど、命の大切さが身にしみたのでしょう。





 

 

さて、そんな人間ドックは、健康保険を統括する健康保険組合の多くによって、1年に1回程度を言動に補助金を出す仕組みを作り、人間ドックの受診を推奨する環境が整えられつつあります

 

その内容については健康保険組合の考え方によって大きく異なりますので、補助金を利用したいと考えているのであれば詳細について確認してみるのが良いでしょう。

 

一般的には、このような補助金の多くは年齢によって利用可能かどうかを分ける仕組みを採用しているケースが最も多くなっています。

 

40歳以上対象にしている健康保険組合もあれば、全年齢を対象にしている健康保険組合もありますので、それぞれの考え方と予算の状況によって変わってくるものであると言えるでしょう。

 

利用することができる条件を満たしているのであれば、この補助金を利用しない手はありませんよね!


この補助金制度は、制度を利用して人間ドックを受けてもらい、その結果組合員が病気にならずに健康保険を使用しないことで健康保険組合側の利益を生み出そうとするものです。

 

そのため、組合にも組合員にも嬉しい制度でありますね。

まずは、近くの病院を調べてみましょう

人間ドックが、如何に健康を助けてくれるか御解り頂けましたか?

 

お近くの病院で人間ドックを開催しているところもあると思いますので、まずは色々と情報を集めてみては如何でしょうか。

 

又、所属している組合のサポートもチェックしてみてくださいね!

 

→人間ドッグを受けるならここでチェック!

Pocket

商品詳細