三井住友VISAカードは、三井住友銀行系のクレジットカードです。


三井住友VISAカードには、その人のステータスに合わせて様々な種類のカードが用意されています。

三井住友VISA カードの種類は様々


三井住友VISAカードには、まず定番としてクラシックカード、そして18歳から25歳まで持つことが出来るデビュープラスカード、さらに女性向けのアミティエカードがあります。


、これらよりワンランクアップしたカードとして、ゴールドカードや、20代の人限定のプライムゴールドカードがあります。


最後に、前述のものよりもさらにランクアップしたカードの、プラチナカードが用意されています。

 

三井住友VISAカードの、一般申し込み可能な最上位カードは?


三井住友VISAカードで、一般申し込みの出来るハイクラスなカードには何があるでしょうか。


まず、プラチナカードについては、インビテーション制です。


なので、一般の顧客から申し込むことは原則として出来ないようになっています。


そこで、一般に申し込みが可能なカードとしての上限にはゴールドカードがあります。

まずはゴールドカードから始め、そこからインビテーションにつなげるのが良さそうです。





 

三井住友VISAカードは、全種類共通して年間費が安くなるサービスがあります!

credit-card-2010884_1280

三井住友VISAカードには様々な種類があり、最近では有名声優とコラボレーションしたカードも発券されたほどです。


このように多様なカードラインナップがあるのですが、それぞれ三井住友VISAカードが定める条件を満たせば年会費が安くなるという点で共通しています。


例えば、デビュープラスカードの場合、前年に1回以上のカード利用で年会費が無料となります。


クラシックカードやアミティエカードの場合は、マイ・ペイすリボに登録の上、前年に1回以上のカード利用で年会費が無料となります。






プライムゴールドカード及びゴールドカードの場合は、WEB明細書の利用と1年に6回以上の請求、そしてマイ・ペイすリボに登録の上、
前年1回以上のカード利用で、プライムゴールドカードで税抜1500円+税まで割引、ゴールドカードで税抜4000円+税まで割引を受けることが出来ます。


このように、年会費の優遇措置がとられていますので、メインカードとして三井住友VISAカードを利用していれば、カードを安価に維持することが出来るんですよ。

 

三井住友VISAカードの申し込みは・・・?


三井住友VISAカードの申し込みは、直接電話で申し込みをするか、インターネットの公式サイトから申し込むことが出来ます。

 

さらにカード申し込み過程では審査があり、三井住友ビザカードは銀行系のカードですので、その基準は厳格なものとなっています。

 

そのため、審査に通過してカードホルダーとなった人は、社会的・経済的ステータスが第三者によって認められたということになります!


そのため、三井住友VISAカードを持つ事は、一種の社会的地位の証明になるんですよ。


例えば、私は結構人からどう思われているか?というのを気にするほうです。


仕事柄、やはり経済的に安定しているという証拠を見せた方が、ビジネスがやりやすい時の方が多いので。


そこで、支払いの際に三井住友VISAカードを利用することは、一緒に居る方へのアピールにもなりますし、そういった証明という意味でとっても役立ってます。

 

三井住友VISAカードはポイントも貯め易く、お得です

shopping-1761237_1280

カード会員になりますと、インターネットのVpassという自分専用のページで利用明細を確認することが出来ます。

 

また、カードを利用するたびにポイントが貯まっていきますので、Vpassでポイントを景品に交換することが可能です。

 

社会人としてのステータスと、便宜性を兼ね備えたクレジット!


三井住友VISAカードは、クレジットカードとしてのステータスと実用性を兼ね備えたカードです。

 

ポイント制や、年会費の割引はとっても嬉しいですよね。


是非一度、検討されてみては如何でしょうか?


→三井住友VISAカードの詳しい情報はこちら!

Pocket

商品詳細