大人からチェロを始めてアマオケ参加までした人にチェロの良さを紹介してもらった!

私は30過ぎよりチェロを始めてもう10年になります。
大人からチェロを始めたことで生活に色々な出会いや変化がありました。

テレビ番組のサントラで使われていたチェロの深い音色に魅了されてしまい、何度もCDを繰り返して聴くうちに自分でも弾きたくなってしまいチェロを習おうと思いました。

 

preview1

 

調べてみると弦楽器でも楽器が大きい分音程が取りやすく体に負担もかからないということで、音楽になじみがない私でもできそうだと思い教室を探しました。

 

ネットを使いチェロのレッスンをしてくれる場所を探したところ、先生が丁寧が解説をしているHPを持っており問い合わせてみるとレッスン料金も先生の経歴の割りには安いところがあり通うことにしました。

最初は音程も分からず、ボウイング(弓を動かすことです)も不安定でした。

幸い、先生がチェロ業界でも有名な良い先生でゼロから丁寧に徹底的に基本を教えて頂くことができました。

最初は酷い音程で聞けたものではなかったですが、スケールやポジション移動等レッスンで教本を何度も繰り返していくうち、少しづつですが音程も良くなりポジションも正確に取れるようになりました。

 

preview2

 

レッスンに4年くらい通ってた頃、仕事先でアマオケに参加していた人がいて楽しそうでした。





憧れのシンフォニーを弾けるようになれたら楽しいだろうなくらいの軽い気持ちで初心者でも受け入れてくれるアマオケを探し入団して参加しました。

それまでは発表会でソロでしか弾いたことがなく合奏の経験がほとんどなかったので最初は緊張して何も弾けない状態でした。

ドヴォルザークやブラームスなど有名な作曲家の譜面はとても難しく苦労しました。

それでも、アマオケは練習期間も長くチェロパートは私以外にも大人の初心者から始めた人もいたので良い仲間ができました。

 

人数も少なめのアットホームなアマオケだったので練習以外にも飲み会やお花見等のイベントもあり、普段は接点のない職種の人や様々な世代の人と交流ができて楽しかったです。





 

preview3

 

本番まで1年近く練習しますので、最初は弾けなくても何ヶ月すると何とか形になるくらいは弾けるようになりました。

 

クラシックもチェロ関連以外はあまり詳しくなかったのですが、アマオケでは色々な作曲家の曲を取り上げるので音楽の興味の幅も広がり様々な演奏会にも通うようになりました。

大人から楽器を習うのは、最初は体の使い方、音程のとりづらさなど子供から習っている人に比べると習得するのにそれなりに大変です。

それでも毎日少しづつ正しい基本を積み重ねていけば上達できます。

私は音楽の成績は決してよい方ではありませんでしたがアマオケで弾けるくらいにはなりました。
レッスンではまだまだご指導いただくことも多いですのでこれからも精進していきたいと思います。

皆さんも大人からチェロ始めてみてはどうでしょうか。

新しい出会いがあるかもしれませんよ。

Pocket

商品一覧

商品詳細