大人になってから始めたピアノ。その魅力について語ります

もしもピアノが弾けたなら…

 

そんな歌もあるように、ピアノが弾けたら楽しいだろうなとずっと思っていました。

 

でも、楽器を始めるってかなり敷居が高いですよね。

 

子どものころに、音楽の授業以外で楽器に触ったことがない私ですから、始める前からあきらめていました。

 

ところが、仕事もプライベートも一段落して、金銭的にも少し余裕が出てきたときに、良い機会だからやるだけやってみようと電子ピアノを購入しました。

 

pia

 

私は、楽器に触ったことがないどころか、楽譜も読めない、本当に超がつく初心者です。

 

最初はインターネットで楽譜の読み方からおさらいしました。

 

学校で習っているはずなのですが、ヘ音記号のついた楽譜の読み方なんて、初めて知りました。

 

先生の話をちゃんと聞いていなかったのでしょうね…





 

ga2

 

とりあえず、それらしい楽譜を買って練習です。

 

やってみるとそんなに難しくないです!

 

ピアノは鍵盤を押せば音が出ますので、楽譜の指示通りに指を動かせばよいわけです。

 

もちろんそれが難しいのですけれど、要は慣れです。





 

もちろんプロがコンクールで弾くような難しい曲を弾きこなすにはある種の才能が必要なのかもしれません。

 

しかし、たしなみ、趣味程度の演奏であれば、練習すればある程度は誰でも弾けるようになると直感的に思いました。

 

ga

 

私はショパンの曲が大好きで、クラシックは良く聞いています。

 

一人で和音が出せるというのが、ピアノのひとつの魅力だと思います。

 

「あっ、この和音気持ちいいな」と感じたことのある方は、ピアノに向いていると思います。

 

簡単な曲でも、美しい和音を自分で奏でていると思うと、他では味わえない喜びを感じます。

 

ピアノを始めたことで、天気の悪い日なんかに暇を持て余すようなことがなくなりました。

 

集中でき、生活にメリハリがつきました。

 

指先を動かすこと、前頭葉を使って考えることで、老化防止、認知症予防の効果もあるのではと思っています。

 

現在、始めて丸一年経ちましたが、初級者用と言われる「ブルグミュラー25の練習曲」を一通り終わらせることができました。

 

小さい甥っ子と姪っ子がいますので、今度は子どもが楽しめるようなポップな曲も練習したいと思っています。

 

Pocket

商品一覧

商品詳細