日本のカードブランドと言うと一番に思い浮かぶのがJCBジェーシービーです。

 

他の2大カードブランドよりJCBのほうが国内の加盟店が多いと言われています。

 

私はあまり海外旅行に行くことが無いため、JCBカードを作成することにしました。

 

JCBカードには様々なラインナップがあり、そのうち最もスタンダードなのがJCB一般カードです。

 

オンライン入会なら初年度年会費無料、MyJチェック登録と年間50万円以上のショッピングで次年度年会費も無料です。

 

普段の買い物や公共料金の支払いなど様々な支払いをJCBカードにまとめると50万円以上すぐに達しますね。

 

MyJチェックはカード利用代金明細照会画面で確認できると言うサービスです。

 

今まではクレジットカードで支払いすると毎月利用明細書が自宅に届いていました。

 

このサービスなら自宅に届かないので家族に内緒で買い物したいときにも便利でした。

 

登録するだけで良いためJCBカードを実質年会費無料で利用できています。





 

1

 

クレジットカードと言うとお得なポイントが魅力の一つです。

 

JCBカードにはOkiDokiポイントプログラムがあります。

 

利用代金1000円につき1ポイント貯まり、貯まったポイントは商品に交換することができます。

 

東京ディズニーリゾートやディズニーキャラクターグッズ、レストラン、JCBトラベル、ギフトカードや商品券など交換できる商品はいろいろです。





 

特に便利だったのがAmazonでのお買い物にOkiDokiポイントが使えるところです。

 

Amazonは商品ラインナップが豊富なので良く利用しています。

 

商品の価格も安いと言う魅力がありますが、さらに獲得したポイント分でお得なお買い物ができるようになりました。

 

2

 

春先に自動車保険の更新や引っ越しなどが重なってしまいお金が足りなくなったことがありました。

 

給料日までまだ先なので困っていましたが、そんなときでもJCBカードのキャッシングサービスにより必要な分を借りることができました。

 

支払方法にはキャッシング1回払いとキャッシングリボ払いと2種類あります。

 

このうち給料日が来れば全額支払いできそうだったため、キャッシング1回払いを選びました。

 

キャッシングリボ払いより支払いはきつめですが、その分利息の負担が少なかったです。

 

クレジットカードを作成するときにキャッシング枠を幾らにするか決められることが多いです。

 

キャッシングしないときはゼロに設定することが可能ですが、万が一のためにキャッシング枠を設定しておいて良かったです。

 

3

 

→JCBカードのページはこちら

Pocket

商品詳細