minne(ミンネ)とは、手作りのアクセサリーや雑貨、その他幅広いアイテムを販売・購入できる日本最大級のハンドメイドマーケットです。

 

ハンドメイドに興味のある方には非常に有名なサイトとなります。

 

個人が自分で作ったものを気軽に販売できるなんて、ネットが普及したこの時代だからこそ可能な、素敵なシステムですよね。

 

私は昔からハンドメイドに興味があり、手芸屋さんや雑貨屋さんに好んで通う少女時代を過ごして来ました。

 

作るのも買うのも大好きです!

 

ただ残念ながら手先は不器用だったので、作ることに関してはことごとく失敗…。

 

チェーンにパーツを通してオリジナルのネックレスを作る程度しか上手くいった経験がありませんでした。

 

2

 

そんな私がminne(ミンネ)と出会ったのは数年前になります。

 

minneと言うサイトの存在は以前から知っていましたが、素敵な商品を眺めては「お気に入り」に登録しチェックするだけで、実際に購入したことはありませんでした。





 

しかしある日、minneでふと目にしたガラスのマドラーにかつてない程の一目ぼれ!ついにminne(ミンネ)で購入することを決意したのです。

 

そのガラスのマドラーは、カラフルなガラスを1本に束ね、ねじることで独特の模様を生み出した可愛らしいハンドメイドのものでした。

 

在庫が1点だけだと記載されていたので、買うなら急がないと!と、私は慌てて注文から決済まで進めました。

 

minne(ミンネ)はカードで決済が可能なので、全てネットで済ませることが出来て楽チンです。

 

注文と同時に、「楽しみにしています。よろしくお願いします!」と作家さんにメッセージを添えてお願いしました。





 

2

 

それから少し後、ついに私の元へそのガラスのマドラーが届きました。

 

そのマドラーはネットで見ていた写真以上に可愛らしいお品で、ガラスの艶やかな光沢や、ハンドメイド特有の味のある模様はずっと見ていて飽きないものでした。

 

更に、作家さんから可愛い便箋で手書きのメッセージが添えられていてビックリ!

 

便箋には「ご注文ありがとうございます!○○さんに少しでも喜んでいただけますと嬉しいです♪」と書いてあり、改めて「このお品はハンドメイドなんだ…」と、じんわり、心があたたかくなったことを今でも覚えています。

 

1

 

minne(ミンネ)はハンドメイドのお品を売り買いする場所ですが、それだけではないと私は思います。

 

先ほどご紹介したケースはその作家さんの取り組み方であり、作家さんによって対応の仕方は違います。

 

ただ、minneも通常のネットでの買い物も度々利用している私からすれば、minneにはいつもどこか、あたたかみを感じるのです。

 

顔も知らない、会った事はないけれど、それでもこのやりとりの先には、一人の人が心を込めて作った「想い」がある。

 

今回は私の購入したケースでのご紹介になりましたが、ハンドメイドに興味のある方ならminne(ミンネ)は絶対にワクワクできる場所だと断言できますので、チェックしてみてください。

 

きっと素敵な経験をすることが出来ますよ。

 

ちなみに先日minneで初めて手作りの食べ物を注文しました。

 

クッキーをいただきましたが、とっても美味しかったです!これからのminneからますます目が離せません。

Pocket

商品詳細